第566号「情があるから別れられない。って“〇〇”ですから」

ホーム > 誌庵 アーカイブ > 第566号「情があるから別れられない。って“〇〇”ですから」

第566号「情があるから別れられない。って“〇〇”ですから」


 
おはようございます。

未来が変わる
「命式カルテ」カウンセラーの未空です。


まずは、ごめんなさいm(_ _)m

いきなりの平謝りですm(_ _)m

本当にすみませんm(_ _)m

大変申し訳ないですm(_ _)m


というのも、

6/23(土)開催のトウリーディング・
グループセッションなんですが、


「午前の部」を「入門編、
または前回参加して下さった方」対象、


「午後の部」を「初めて参加する方」対象

に急遽、変更させて頂きました。


実は今回、初参加の方が圧倒的に多いため、

そのまま懇親会の流れの方が良いと思いまして。


初参加の方には一人でも多く、
懇親会に参加して頂きたいという、

私の切なる願いからです。


また、大変有り難い事に遠方から
来て下さる方もいて、午前の部は

上級編「チャクラ」ですが、
初参加の方でもちゃんとわかるように、


内容を若干変えて頂くよう、
トウリーディング・ティーチャーの
紗織さんにお話しておきます。


ゆえに初参加で、
午前の部にしか来られない方でも全然O.K、
大丈夫です!


もし迷っているなら、
是非いらっしゃいませんか? 



また、クラスを変更したせいで、
キャンセルせざる得なくなった方には、
速やかに返金させて頂いております。


ご迷惑をおかけしてしまい、
大変申し訳ありませんでした。

心よりお詫び申し上げますm(_ _)m 


初参加の方のセミナー内容は、入門編
「アーユルヴェーダの五大元素論」

なのですが、ずぇんずぇん難しくないです。


つーか、マジ面白いですから。


大切な事なので何度も言いますが、
空庵主宰のトウリーディングセミナーは、


泣いても笑っても、今回が最後です!!


懇親会では1枚につき、キャベツ1個分の
食物繊維が含まれ、腸を活発化して


腎機能をバックアップする治療用食品
「ケイロックス」の試食、販売も
行なっちゃいます。


当日は食べ放題だお(笑)。



リピーター参加の方が「トウリーディング講座は
楽しみにしています。と言いますのも昨年

参加した際に、右足の親指の爪がおかしく
なっていた話を見せつつしましたが、


徐々に爪が後退してきており、どんな意味が
あるかを知りたかったのもあります」


というメールを下さったのですが、
紗織さんに解説して頂けると思いますよ。

楽しみに待っていて下さいね。



トウリーディングのセミナーに参加した事で、
足の指にそれぞれ名前をつけ、


愛情を込めてケアしているという方がいました。
足元からのI Love Meですね。


紗織さんは

「足を大切にする事は、魂を大切にする事」

と言ってます。


あなたのカラダも私のカラダも、
み~んな健気なので、

大切にすればちゃんと応えてくれるんですよ。
うんうん。


また、紗織さん曰く


「足指は、見えない心を見える化してくれます。
やっぱり自分に奇跡を起こすのは、

自分自身なんだよな」とも。

ハゲド=激しく同意。


あなたの足指から、
ココロの声を聴いてみませんか? 


是非、聴きたいわ、という方は今すぐ、
6/23(土)「トウリーディング・
グループセッション」にお申込み下さいね。

ガチで最後の開催なので、
詳細&お申込みは↓↓↓こちらからどうぞ。
https://ameblo.jp/coo-an/entry-12377275180.html

You 来ちゃいなよ(^_-)-☆


**********


さて、ここからがメルマガの本題です。


「命式カルテ」カウンセリングでは、
自分自身をより深く知りたいという方の他に、


恋人や夫婦、家族、職場などの人間関係に
悩んでいて、その原因と対策を知りたい
という方も多いんですね。


つーか、こちらのニーズの方が最近は
とみに増えてます。



そういった場合、


・相手のお名前、

・フリガナ

・性別

・生年月日

・生まれた時間


を教えて頂いて、「命式カルテ」を
作成するんですね。


生まれた時間がわからない方も多いので、
それはわかる範囲でO.Kです。



長年、お付き合いをしている恋人同士、
同棲しているカップル、


もしくは離婚を考えている女性に多いのが、


「愛情はすでにないのですが、
情があって別れられないんです。


もし、彼氏 or 夫が私と別れたら、
多分、生きていけないと思うので、


今さら見捨てられないというか。


それでなかなか決断ができないんです」


というご相談。



お気持ちは十分すぎるほど伝わってきますし、
おっしゃる通り、情の深い女性なんでしょう。


それを踏まえた上で、


「もし、このセリフを相手から言われたら、
自分はどんな風に思うのか」


を考えてみてもいいのでは?
って思うんですよね。



例えば、元ダンナがそう悩んでいたら、
って、私バツ1なんでね。


はい、しれっと言ってみました(笑)。


「妻の未空には、
愛情はこれっぽっちもなくって、


ただ情があって、別れられないんスよ。



だってアイツ、俺がいなくなったら
生きていけないっしょ、マジで。


だから、見捨てられないっスよ、
今さら」って、


こんなしゃべり方する人じゃー
全くないですけど、わかりやすく
キャラを立ててみました(笑)。




これを聞いた私は、


「ざけんなー、人を見くびんじゃねー」


って雄叫びあげますよ(-_-メ) 


あなただったら、いかがですか? 



彼の言う情って、


「俺と別れたら、未空は不幸になる」


っていう気持ちがアリアリですよね。


そりゃ恋愛だろうが、結婚だろうが、
別れた直後は誰だって落ち込むし、


凹むし、泣くし、悲しいし、空しいし、
寂しいし、ムカつくし、

色~~~んな感情がジェットコースター
のように襲ってきますよ。


私は過呼吸になったし、
拒食症にもなったし、


目に映るもの全てがグレー一色で、
色のない世界を経験しましたから。


目をぎゅーっと閉じて、
パッと開けたり、何度こすっても、
とにかく色がないんです。


見えるもの全てが灰色の世界。


この瞬間「あっ、私、完全に壊れたな。
一生、鉄格子の中で過ごすんだな」

って思いましたっけ。


あの時、そばに睡眠薬などがあったら、
一気に飲んでいたと思います。


死にたいんじゃなくて、楽になりたい。
この状況から逃げ出したい。

ただ、それだけ。


狂い死にって、絶対ある!と痛感しました。



でもね、でもね、


それは別に不幸の始まりではないですよ。

単に夫と別れただけで、不幸決定? 
そこから一生、悲惨な人生になる? 


たかが離婚、されど離婚。



自分の人生の価値って、
恋愛や結婚だけじゃないでしょ。


仕事だって他の人間関係だって、
夢や希望や楽しみは無限にあるんだから。


勝手に決めつけんじゃねー!!


もし元ダンナが

「俺が未空を不幸にしてしまったんだぁぁぁ」

な~んて思っているとしたら、
すんげー上から目線だし、


それは一種の「差別」でもありますよ。



だって、私の幸せが結婚生活だけに
左右されるなんて事は、


絶対にないから、キッパリ( ̄^ ̄)ゞ


「私はあなたと別れても、
自分で自分の事を幸せにしていく自信は、
3,000%ありますから。

どうかお気遣いなく」


ってハッキリ言いますよ。



もう愛していないのに、
情という名の「差別」のもと、


一緒にいる方がよっぽど相手を見下している、
って思いませんか? 


再出発できるお互いの貴重な時間を、
奪い続けているとは考えませんか? 



大丈夫です。あなたの彼氏や夫、
あなたが思ってるほど、ヤワじゃないし、

あなたがいなくても、
ちゃんと生きていけます。


だって、いい歳したオトナですから。



別れられないんじゃなくて、
実は、別れたくないんですよね。


失うにはもったいないから、
次の相手を見つけられる保証もないから、


別れない事を自ら「選択」している。


これが心の奥底の声、
本音だったりしませんか? 


そんな自分より格下と思っている
彼氏や夫に執着して、


いつまでも手放せないでいるのは、
しょーもない彼がいる事で、


自分の優越感が常に満たされるから。

存在意義が堂々と証明できるから。



そんな風に、チラっとでも思ってないか
考えてみると、案外、

早く別れられるのかもしれませんよ。


逃げても、スルーしても、見てみない
フリしても、どこまでも執拗に
追いかけてくる本音。


気づいてない、気づきたくない、
聞きたくない、ワタシの本音。



でも、マインドと本音をすり合わせして、
一致させるようにすると、


生きるのがラクになってくるんですよ。

呪縛から解き放たれます、ホント。



「もし、自分の思った事を、

言ったセリフを、彼氏や夫が同じく、

自分に返してきたら、どう感じますか?」



人間関係のキモは、
ここにあるんだと思いますよ。


恋愛はいつだって、対等な関係です。
お互いの笑顔を喜び合える、


ステキな恋愛をして下さいね(^-^)




最後になりましたが、

「独身の未空さんには、
結婚生活がわからないですよね?」


と言われた事があるのですが、

いえいえ、経験者ですから(笑)。


今まで面と向かって聞かれなかったので、
言わなかっただけで、


バツ1の事を隠していた訳ではないんですよ。


トラウマもありませんが、
再婚の意志もありません。


かつての私のように、離婚で苦しんでいたり、
結婚生活を続けるべきか迷っている方が
いらしたら、


空庵事務所にて完全予約制で、
個人セッションを承っています。


あなたの本音がわかると、
これからの人生が本当に楽になりますよ。



120分個人セッション↓↓↓3つのメニューが
同時に体験できる、空庵のフルコースです。


あっ、90分コースもありますよ。



120分個人セッション
3つのメニューが同時に体験できる、
空庵の↓↓↓フルコースです。



「思い通りにならない人生は、
もう終わり!あなたの望みが次々と

現実になる「命式カルテ」120分個人
セッションは、空庵のフルコース★★★
https://peraichi.com/landing_pages/view/gdt16


★「命式カルテ」カウンセリングで
自分の知らなかった可能性の扉が開き、


★「ルノルマン」カードリーディングは、
いわば「目に見えるチャネリング」
のようなものなので、

今、自分に必要な「宇宙からのダイレクト
メッセージ」と思って下さいね。


★チャクラ活性化ヒーリングは、
胎内の余分なモノを流すので、

今まで一度も床に手の届かなかった方が、
楽に届いたり、首が回しやすくなったりなど、

驚きのビフォー、アフターをその場で、
誰もが体験できますよ。これ、本当です!


その他、ぐっすり眠れたり、翌朝に
むくみが取れたりなど、うれしい報告
を今までも、たくさん頂いています。
https://peraichi.com/landing_pages/view/gdt16


∴ココロとカラダが同時に解放されるので、
「本来の自分らしさ」が戻ってきて、

自然にムリなく、肩の力を抜いて、
楽しく過ごせるようになります(^-^)

お申込みは今すぐ↓↓↓こちらからどうぞ
https://peraichi.com/landing_pages/view/gdt16

==========

60分コースは「命式カルテ」
カウンセリングのみで、

30分単位で延長も↓↓↓可能です。
http://www.coo-an.com/councel


特に夫婦や親子、兄弟、友人、
恋人、義父、義母、親戚、上司、
部下、生徒などの人間関係で、

何が問題で、
どうやったらうまくいくのかを

「命式カルテ」で徹底的に掘り下げ、
丁寧に読み解いていくので、

もう2度と悩んだり、苦しんだりせず、
もやもやが晴れてスッキリします!

お申込みは今すぐ↓↓↓こちらからどうぞ
http://www.coo-an.com/councel


========== 

また、遠方にお住まいなどで
来られない方のために、

お電話やスカイプによる
セッションも承っています。

お申込みは今すぐ↓↓↓こちらからどうぞ
http://www.coo-an.com/facebook/counseling-charge

==========

個人セッションを受けられる方へ、
未空からのメッセージを
受け取って下さいね(^-^)

http://www.coo-an.com/blog/archives/18075


==========

腎機能が低下している方、
透析を回避したい方へ、

全国の医療機関で活躍する治療用
食品「ケイロックス」のご案内です

ご購入は今すぐ↓↓↓こちらからどうぞ
http://www.coo-an.com/councel/cheirox2017

==========

毎月の未空の「出没地」は、
↓↓↓こちらで確認できます。
http://www.coo-an.com/schedule

って、ツキノワグマかーい(笑)

コメントをどうぞ

XHTML: 次のタグを使用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

  • 誌 メールマガジン 環 お役立ちリンク 御 御未空慈
  • 無料メールマガジン

    メルマガ登録
  • 携帯サイトQRコード
  • 空庵facebook
  • 本日のアクセス数 : 310
    総アクセス数 : 1018759

twitterページ
facebookページ
Amebaブログ