Vol.77 風邪の予防法&「生きるコトを考える」のと「実際に生きていくコト」の違い

ホーム > 旧 誌庵 アーカイブ > Vol.77 風邪の予防法&「生きるコトを考える」のと「実際に生きていくコト」の違い

空庵だより第77号 「そろそろオミアイ…じゃなくってオリアイね」の巻き

びぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ~~~~~、大好きなe-Card
が急に見れなくなった~って、“空庵”のDiaryやBBSで大騒ぎし
てたら、「私の送ったMailがウイルスだったのかもしれません。
どうもすみません」と泣きの連絡をくれた読者のヒトがいて…

確かに何度か、文字化けのMailが届いたのは事実だっす。でも、
ワタシは基本的に、文字化け&添付ファイルなら、即削除しちゃ
うんだよね。Butイマドキ、見ただけで感染するウイルスMailも
あるからなぁ。そーなったら防ぎようがないもんね(泣)。

いずれにしても原因不明∴e-Cardは見られず! 最後のあがきで、
フラッシュプレーヤー5.0をダウンロードしてみたんだけど、結局
読み込んではくれなんだぁぁぁ~~~。

「残り1件」とかゆーくらいになると、止まっちゃって動かなくな
るんだよね。その時、my初号機に何が?!byガチンコって感じだ
よね(笑)。誰か教えとくれやす。

このクソ寒い中、あちらこちらで、半分ヤケを起こしたサンタが、
声を嗄らしてXmasケーキを半額で売りさばき、街のイルミネーシ
ョンが、しめ飾りや角松に取って代わられ、いよいよコテコテ
Japaneseのお正月の到来だ~(笑)。

未空の手書きお年賀「争奪者」の皆さん、ちゃんと送ったからね。
今年の未空コレは「喜べば、喜びごとが喜んで、喜び集めて、
喜んで来る」だったんだけど、覚えてるかな? ワタシの2001年
の喜びごとと言えば?

ズバリ“空庵だより”の読者数が、過去最高になったコト(号泣)。
みんな、どうもありがとう! ちなみに2002年の未空コレは、
なかなかシンプルで気にっちょりまス。フッフッフッ。

「39度1分」という熱い件名が痛々しい(泣)。「飛行機で拾っち
ゃったのよ、インフルエンザ」という読者のヒトもいて、みんな
この季節、カラダは大丈夫か~い? 

背中に「風門(ふうもん)」ってゆーツボがあるんだけど、ちょう
ど頭を前に倒すと、首の後ろの付け根に、大きな骨の突起があるで
しょ? それが「第7頚椎(けいつい)」ね。

そっから3~4センチ下がった所の、それぞれ左右両脇2センチぐら
い離れた所に「風門」はあるんだけど、割りとわかりやすいツボな
のさっ。わかったかな~?ってわかんねぇよ。だって、ツボは目に
見えないんだから(笑)。

東洋医学では、この「風」の門に「邪」気が入り込むと、「風邪」
になるって考えられてたんだよね。よくできてるざんしょ? 
確かに、風邪のかかり始めって、背中や肩の辺りがゾクゾクする
時がないかい?

風邪の予防には、この「風門」を温めるのが肝心だったりするん
だよ。これから超寒~くなる真冬の季節、風邪の予防には、湯上
がりに熱めのシャワーを「風門」にかけると、湯冷めをしないと
も言われてるんでっせ~。

もし今、アナタが風邪をひいちゃってたら、ドライヤーの温風を
少し長めに(7~8分)、この「風門」に当てると、カラダ全体が
温っかくなって、早目に治るらしいよ。是非、お試しあれ。
風邪は万病の元だから、みんな、くれぐれもお大事にね。

気がつけば、今年最後の“空庵だより”は、Wラッキー7号(笑)。
とはいえ、ココロのお休み処であると同時に、ココロの御手洗処
でもある“空庵”には、今年もいろ~んなカキコ&Mailが送られ
て来たんだよね。

都会に暮らすパラサイト・シングルの40代の女性は、
 >この先、両親が死んで、私が一人になったら、どうするんだ
 >ろ?って考えると、ものすごく不安になります。最近は特に、
 >思い切って結婚した方がいいのかなとも思って… 
 >でも今さら、相手もいないんですよね。

これは精神的&経済的不安も含めてだよね。でも、家庭を持った
からといって、今の不安が丸ごとスッキリ解消されるワケでもな
いから、ツライとこなんだよね(泣)。

 >田舎から東京に出て来て、1人暮らしが寂しくて結婚したのに、
 >今では、一緒にいるのに寂しいんですよ。2人で味わう孤独が
 >あるという事を、初めて知りました。

某ハウジングのCMに出て来るような、まだ若い典型的な父母1男
1女の4人家族。どーしていつも、あんな立派な一戸建てに住める
んかいって、ツッコミたくなったコトない?←いや、ワタシだけ
じゃないハズだ(笑)。

温かな家庭生活を夢見て結婚したのに、全然思うようにいかなく
って、一人愕然としたり… 考えてみれば、恋愛も披露宴も新婚
旅行も「非日常」だもんね。その先には、2人の「果てしない
日常」が待っている。

「生きる事を考える」のと、「実際に生きていく事」は、ずい分
違っていて、そのために思い悩んだり、戸惑ったり、苦しんで、
最後には自分が見えなくなってくる…

最近、生きるって孤独だなぁと、しみじみ思うんだよね。
時々、言いようのない不安や寂しさに襲われて、呼吸困難状態に
なったりもするんだけど、だんだん解消法もわかってきて、結局
「発作」なんだというコトに気がつく。

その時は、超苦しいんだけど「発作」だから、時が経つと、自然
に治まっていくんだよね。こうやって、だんだん自分自身との
「オミアイ」を繰り返して、だんだんと「オリアイ」を付けて
いくのかな。

これが、結局「生きる」というコトなんだと、ワタシは勝手に
解釈してるんだけど… そしてこれから、生きていく上で大切
なのは、この「折り合い」のような気がするんだよね。

未空家には毎年、お中元とお歳暮を配達してくれる、顔なじみ
「ポニーテールの髭づらオジサン」がいたんだけど、このヒトの
本業は、脚本書きらしい。ただ、それだけでは食ってけないので、
配達のバイトをしてたんだよね。

お中元の季節、彼に「外は暑くて大変でしょ? ご苦労様です」
と声をかけると「いや~、冬の寒さに比べれば、まだマシですよ」
とニコニコしながら答える。でも、全身汗ダラダラ(泣)。

そして、お歳暮の季節、彼に「外は寒くて大変でしょ? ご苦労
様です」と声をかけると「いや~、夏の暑さに比べれば、まだ
マシですよ」と、これまたニコニコしながら答える。

どっちの季節だって、大変なコトには変わりないし、苦労だって
いっぱいあるはず。でも、仕事を辞めるワケにはいかず、彼の食
ってかなきゃなんない現実は変わらない(泣)。

実は、この「ポニーテールの髭づらオジサン」の正体は、「季節
と折り合う」達人でもあったんだよね。あの時の彼から、とって
も大切なコトを学んだような気がする。

新しい年も、お正月という非日常を過ぎれば、また果てしない
日常が流れていく。時には、超たりーと思いつつも、自分自身と、
周りの人間と、季節と、仕事と、苦悩と、孤独と… 何とかウマく
「折り合い」を付けていこうね!

2001年も最後まで、こんなジミーなタイトルの“空庵だより”に
付き合ってくれて、どうもありがとうございます(笑)。読者の
ヒト全員に、ココロから感謝しています。
来年もどうぞよろしくお願いしますね、チュッ(笑)。

それでは、みなさんも良いお年をお迎え下さいね!

★*****************************************************★
  ~第2回 みなラク新年会~のお知らせAgain
 日時:2002年1月20日(日) 
    PM12:00~PM2:30は、半強制宴会タイム(笑)
 場所:瀬田温泉 山河の湯(東急東横線 二子玉川駅)
    東京都世田谷区瀬田4-15-30
    Tel:03-3707-8228
 費用:お一人様5150円+各自お飲み物代
   (温泉入湯代+お食事代+個室宴会場使用料含む。
    飲み物代は、ジュース420円、サワー470円
    ビール中瓶630円ぐらいだっす)

半強制宴会タイム(笑)前後は、各自Free Timeで~す。山河の湯
の営業時間は、AM10:00~PM11:00までなので、一日中遊べるよん♪

超気になる新年会会場の「瀬田温泉 山河の湯」の詳しい説明は、
HPにアクセスしてみてね。都会の隠れた癒しスポットって感じで、
ワタシはお気になのよ~ん♪
     http://www.setaonsen.co.jp

まず、参加ご希望のヒトは、1)~4)まで書いて、Mailで申し込ん
でね。宛て先は、coo-an@risoweb.com
 
 1) アナタのお名前(ハンドルネームでもO.Kよ~ん)
 2) アナタの性別(ロッカーの関係上必要なのね(笑))
 3) 参加人数(1人参加、熱烈大歓迎だーっす!)
 4) 実物「未空」に質問があれば何でも(笑)

件名は「行くよ~ん」。〆切日はそうさなぁ、2002年1月10日(木)に
伸ばしましたとさっ。個室宴会の関係上、人数に制限蟻蟻なので、
今すぐアクセスだーーーっ。♪未空は待ってるぜぃ
★**********************************************************★
 =相互広告すると、来年はウマく折り合いを付けられるみたい(笑)=

コメントをどうぞ

XHTML: 次のタグを使用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

  • 誌 メールマガジン 環 お役立ちリンク 御 御未空慈
  • 無料メールマガジン

    メルマガ登録
  • 携帯サイトQRコード
  • 空庵facebook
  • 本日のアクセス数 : 138
    総アクセス数 : 852073

twitterページ
facebookページ
Amebaブログ