Vol.128 Xmasクイズin ニューヨーク&What’s グノーティ・サウトン?

ホーム > 旧 誌庵 アーカイブ > Vol.128 Xmasクイズin ニューヨーク&What’s グノーティ・サウトン?

空庵だより第128号 「謎のグノーティ・サウトン」の巻き

フフンフフ~ン♪ イルミネーション真っ盛りで、うれしい限り
だっす。東京・丸の内のミレナリオだっけ? ずーっとルミナリエ
って呼んでたんだよね。ポスターを何度見ようが、ルミナリエは
ルミナリエ! なぜだかわからんが、思コ(=思いこみ)の激しい
ワタシは、他に読めんっちゅーに(笑)。

実は、昨日初めて気がついてさぁ。思わずポスターの1字1句に指差
し点呼確認。出発進行!って…オイオイ、違うっちゅーに(笑)。
えっ? ミレナリオってゆーの? 知らんかったぁ。だってさぁ、
今まで誰もツッコミ入れてくんなかったじゃん?

いよいよ来週は、待ちに待ったXmas♪ キャッホー、イェ~イ
(←死後バリバリ←死語が死語を呼ぶ(笑))って、別にぃ~、
関係ないよぉ、残業だしぃ…とお嘆きのア・ナ・タ。

未空サンタから、Xmasクイズ in ニューヨーク(←気持ちだけ、
ロックフェラーセンター前(笑))。ひゅーひゅーぱふぱふドン
ドンドンドン♪ みごと正解した読者の方には、豪華ハワイ太っ
自腹旅行が待っているぅぅぅ。増やせ、マイレージ(笑)。さぁ、
文中の○○(←漢字2文字)とは、ズバリ何ザ mas? 

 元手がいらない、しかも利益は莫大
 与えても減らず、与えられた者は豊かになる
 一瞬間見せれば、その記憶は永久に続く
 どんな金持ちも、これなしでは暮らせない
 どんな貧乏人も、これによって豊かになる
 家庭に幸福を、商売に善意をもたらす
 友情の合い言葉
 疲れた者にとっては休養、失意の人にとっては光明
 悲しむ者にとっては太陽、悩める者にとっては自然の解毒剤
 買うことも、強要することも
 借りることも、盗むこともできない
 無償で与えて、初めて値打ちが出る
 クリスマス・セールで疲れきった店員のうちに
 これをお見せしない者がございました節は
 恐れ入りますが、お客様の分をお見せ願いたいと存じます
 ○○を使いきった人間ほど
 ○○を必要とするものはございません

コレは、ニューヨークにあるデパートの広告だったので、○○を
English(5文字)に翻訳するザmas(笑)。91才で現役バリバリ!
ワタシがお友達になりたい年の差No.1のメイ牛山曰く、
「○oooo is best makeup!」。You got it? 答えはXmasの晩に、
そ~っとアナタの枕元にお届けするわ♪ うふふ… 待っててね
←幽体離脱未空じゃ~(笑)。

古代ギリシャでは、♪ソ、ソ、ソ~クラテスか プラトンか~ ニ、
ニ、ニ~チェか サルトルか~(←わからないヒトは、にーさんねー
さんに聞いて見よう(笑))以前にも、多くの哲人達が、コレを
「生涯の仕事」にしていたし、デルポイの神殿には、コレを記した
額が掲げられていたそーな。

ソノ言葉こそが、「グノーティ・サウトン」なのさっ。聞いたコト
ある? あっ、コレもXmasクイズPart?にしちゃおっかなって(笑)。
えっ? これから1週間、悩み過ぎて、夜も眠れなくなるって? 
フッフッフッ。いじわる未空ババの胸が高鳴るっス。じゃ、解除して
やるって? お願い、それだけは、や~んめって by 昔なつかし
横山弁護士(笑)。

コレを訳すと「なんじ自身を知れ」、つまり「自己探訪」ってゆーコト
になるんだけど、性格テストや心理分析、瞑想etc. 色~んなやり方
があるよね。例えば、カラダの調子が悪い時、家庭医学で自分の症状
を照らし合わせたりすると、かなりの割合で、悪性腫瘍の可能性を
見つけ出せる・・・みたいなね(泣)。

それじゃ、ココロがツラい時はどうだろ? 苦しい体験をキッカケに、
心理学の勉強を始めるヒトもいて… ただ、超個人的な意見を言わせて
もらえば、ココロが苦しい時に、心理の勉強をすればするほど(ハマれ
ばハマるほど)、「心離学」になっていく場合もあるような気がする。
もちろん決して悪いワケじゃないんだよ。

でも、ココロの構造や理論、自己分析、実験等の知識が増えた分、でき
ない、わからない自分が余計にツラくなってきて、ちっともラクになれ
なかったりする。ココロの世界は、ハマったら出て来れない、複雑な
迷路のような怖~い部分もあるんだよね(泣)。

生きていく上で、「どうしたら感情的にならなくなるか?」じゃなくって、
「感情的になっても、安心していられる自分でいるコト」が大切なんだ
と思うんだよね。生身の人間なんだから、時には階段から転げ落ちたり、
包丁で指を乱切りにしてみたり(笑)、ふとしたコトに涙が出たり、
喜怒哀楽あって、当たり前じゃん?! 生きてる証拠だもんね。

ンだば、「自分は、どんな時に不安になっちまうんだろ?」って考えると、
ほとんどが「アタマでっかち」の時だっちゅーコトに最近、気がつき始め
たんだよね。しみじみ…

考え抜くと不安になる。コレは真実だっす。そう、「グノーティ・サウ
トン」のやり過ぎなんだ。過ぎたるは、及ばざるが如しって言うじゃん?
まさに、そうなんだよぉぉぉ。

そんな時、ワタシは「うーーーん、コレだけ悩み抜いたんだから、モー
十分でしょ? 後は、天にお任せっ」ポーズをするんだ。そうそう、
アノHold Upの姿勢だよ(笑)。

最初に、息をぜ~んぶ吐き切ってから、いきなり万歳しちゃうの(笑)。
そーするとね、まず自分のカラダが、恐ろしいくらいコチンコチンに固ま
ってるコトに驚くハズ! マジにバキバキだから(泣)。カワイソーだと
思わないかい? カラダに罪はないんだから、後はひたすらほぐしてあげ
ようよ。

首を上下左右にゆ~っくり回したり、両肩を思いきり持ち上げ続けて、
ストンと落としたり、大きく伸びをしたりetc. ココロがハマったら、
カラダに助けてもらおう。そんな時は、迷わずHold Up、賃金UP!

「万歳三唱ポーズ」がアナタを救う・・・かも(笑)。

★***********************************************************★
 まだまだ間に合う「ホメオちゃん」キャンペーン。もちろん2003年未空
 コレ付きだよ、おっかさん(笑)。メェ~でたい年賀状がほしいヒトは、
 1)~3)まで書いて、下のMailアドレスまで送ってね。
 
 1) アナタのお名前:ハンドルネームだと届かないかんね
 2) アナタの郵便番号&ご住所:ニセの住所でも届かないかんね
 3)「爪は割れても、巨人軍…いや、ラッキースターは不滅です!」未空
   に何か一言 宛て先はずぇ~んぶこちら→  coo-an@risoweb.com

「Xmasクイズ in ニューヨーク」の答えがわかった方は、今すぐアクセス!
見事Bingoだったら、気持ちだけ、ロックフェラーセンター前にいる未空
サンタから、祝福のKissを送ろうじゃあ~りませんか♪ 
     http://www.risoweb.com/coo-an/
たった1行の感想Mailでも、ワタシには大きな大きなXmasプレゼント。
「グノーティ・サウトン」がノドに詰まって、ンぐっンンっサザエさん状態
になるほど、アナタからのMailをココロ待ちにしてますぅ♪
     coo-an@risoweb.com
★*************************************************************★
 私の出張カウンセリングの特徴は、まずは徹底的に、あなたの話を聞き
 ます。とことん聞きます。とりとめのない話でもO.Kです。とにかく心ゆ
 くまで、何でもいいから話してみて下さい。じっくりとプロのカウンセラ
 ーに聞いてもらえるだけでも、確実にあなたは、ラクになります。今まで
 ずっと、一人で抱え込んでいませんか? こんな事、誰にも話せないって、
 自分の中だけで、勝手に決めつけていませんか? そんな事、絶対にない
 ですから。大丈夫ですよ。カウンセラー未空は、どんな事があっても、
 最後まであなたの味方です。あなたからのMailを24時間365日、いつでも
 お待ちしています。詳しくは“空庵”のHP「助」のページを見て下さいね。
     http://www.risoweb.com/coo-an/ 
★**************************************************************★
=未空の重いコンダラ:ルミナリエ、山王溜池、モンモル教、テングス、毛、
           ゆう薬 or よう薬? トックリ、チョッキ(笑)=

コメントをどうぞ

XHTML: 次のタグを使用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

  • 誌 メールマガジン 環 お役立ちリンク 御 御未空慈
  • 無料メールマガジン

    メルマガ登録
  • 携帯サイトQRコード
  • 空庵facebook
  • 本日のアクセス数 : 334
    総アクセス数 : 865528

twitterページ
facebookページ
Amebaブログ