Vol.132 待ってました! ウワサの“あのヒト”が登場でーい。爆笑新春対談中の巻き

ホーム > 旧 誌庵 アーカイブ > Vol.132 待ってました! ウワサの“あのヒト”が登場でーい。爆笑新春対談中の巻き

空庵だより第132号 「未空 VS 美老庵・師匠~2003年新春対談~」中の巻き

「アノ醤油のおかげで…ううっ、愛弟子に何たるコトを(泣)」
「細かいコトは気にすんな、気にすんな(笑)」「こーなったら
ケーキでお清めですな。師匠、どっちがイイですか?」「こっちー!」
「マロンケーキですね」「うん(←ホントにウレシソーだ)」パク
パク「おいしいね~♪」コポコポコポコポ「あっ、ワタシはブラッ
クで」ズズズ~ッ

未空「いよいよ当たるも八卦、当たらぬも八卦の世界に突入といき
   たいところなんですが、師匠にとってズバリ、占いって何
   なんですか?」
師匠「尋ねる側のスタンスにもよるよね。要は、占いをどう使うか?
   どう人生に役立てるか?っていうコトだね」
未空「つまり占いは、ツール(=道具)なワケですね」
師匠「まず自分自身の意向の定め方、コレが肝腎だよ。よく易者に
   『ワタシはだ~れ? どう生きればイイのぉぉぉ~?』とか
   って、代理思考させちゃうアンポンタンがいるけど、コレって
   最も危険だよ!」

未空「昔の誰かさんみたいにですか(笑)?」
師匠「そうとも言えるな(笑)。それこそ易者だって、ピンキリなん
   だから、タチの悪い奴に当たったら、ト~ンでもない人生を
   創られちゃうコトになるよ」
未空「(目を細めながら→)『この女、やめときなよ。ヤバいよ』
   とか言われて、次の日に別れちゃったりして… へっへっへっ、
   ねぇ師匠(笑)」
師匠「ホ~ント、ウレシソーだよなぁ」

未空「だってぇ、師匠にもそんなアンビリーバボーな過去があったん
   だってわかったら、安心したんだも~ん」
師匠「従ってだねぇ、占いで人生を決めるのは、最もナンセンスです
   (←キッパリ)。自らの意向が定まりつつも、いくつかの選択肢
   があったり、決断をするのに、背中を押してもらいたかったり、
   ンな時にちょっくら役立つかなぁ程度のモンです」
未空「へぇぇぇ~。そんな程度のモンなんですかぁ?」
師匠「モチロン、命理学とか相学(人相学)とかで、命運の構造を知っ
   ておくのも得策だし、ちょっと違った可能性を発見させてもらう
   場合もあるしね。己の何たるかについて、理解が深まるとも言え
   るでしょう」

未空「あのぉ、今さらなんですが、ワタシはカウンセラーに向いてるん
   でしょうかぁぁぁ~?」
師匠「じゃぁ、オレがだよ。もしも未空殿、アナタは女優に向いている。
   今すぐ女優になりなさーいって言ったら、なる?」
未空「イ、いや(笑)」
師匠「そうだろっ?」

未空「そーそー、初めて美老庵に来た時、いきなり師匠に『屈折してる』
   って言われたんですよ。覚えてます?」
師匠「(ガサゴソガサゴソ…過去の資料を取り出しながら)そうだった
   っけ? うんうん、確かに… そうだったね」
未空「それも『3、4才の頃すでに』って言われて、超ビックリでしたよぉ。
   それは易でそう出てたんですか?」
師匠「そうだね。母親との関係だろうなぁ」

未空「でも、両親には超溺愛されて育ったんですよ」
師匠「うん。でも、屈折には自覚あったんだよな?」
未空「はい。実は小さい頃、『パパにはママがいて、未空弟1号には2号が
   いて、ワタシはいつも一人ぼっち』と言って、未空母を驚かせた
   コトがあったんですよ。自分にもハッキリ記憶があるんですよね。
   改めて未空母に話したら、そのコトでずっと悩んでいたと言って
   ました。マジに易の怖さというか、師匠の恐ろしさを思い知りま
   した。たかが占い、されど占い。ひぇぇぇぇぇぇぇ~です(笑)」
師匠「フッフッフッ(←かなり自慢気)。でも良かったじゃん? オレは
   未空殿がカウンセラーになって、そういう過去でも十分生かして
   いけると思ったからね。屈折=バツじゃないんだよ」

未空「どうもありがとうございますぅ。うるうるうるうる… でも、師匠
   もかなり屈折してますよね?」
師匠「ハハハ。屈折って、言わば心のヒダでしょ? ヒダが多いってゆー
   のは、それだけ人間として色々な体験を積み重ねて、人間味あふれ
   るというか、奥が深いってコトでもあるからね。人は生きた分だけ
   解り、解った分だけ生きる。でも、屈折だけじゃダメなんだよ」
未空「屈折=卑屈になってはダメってコトですよね」
師匠「それが大切です。未空殿が人様の悩みを聞き、その悩みの意味を
   明かし、そして少しその心を癒してあげて、生きるための力や勇気
   を与える立場としてのお仕事をする限り、自らも悩みの原体験を
   背負わされるのは必然なのですよ」

未空「となると、これからもワタシの苦悩は、延々と続いていくんでしょ
   うねぇ(泣)」
師匠「はい、その通り(←キッパリ)。何とも因果な稼業を選択したもの
   よのぉ(号泣)。様々な苦悩のレベルを知ると同時に、その苦悩を
   生きる道筋の糧として、どう定義づけていくか、そう考えて、関わ
   る人々との相談人として、良い仕事をしていってほしいと思うので
   すよ。顔晴れ、愛弟子!」
未空「どうもありがとうございますぅぅぅぅぅ~。(ハンカチで涙を拭き
   拭き…)それでは、みんなが知りたい開運についてお伺いしたいの
   ですが、いかがでしょう?」
師匠「開運したい。運を変えたいってか? そういやぁ、階段から落ちた
   アンポンタンねーちゃんもいたかんなぁ(笑)」

未空「(プルプルプルプルプル…)マジに痛かったんだゾぉぉぉ~(泣)」
師匠「その後、キャッシュカードをなくして、包丁で指を切ったんだっけ?
   未空殿は乙(きのと)の生まれ日で、乙は草を意味し、木の性質を
   持つんだよ。五行(木・火・土・金・水)でいうと、金剋木(きん
   こくもく)といって、金に剋される運命にある。だから「金」全般
   には注意が必要なの」
未空「前に聞きました(泣)。今、鍼灸に通ってるんですけど」
師匠「ふ~ん、鍼か… まぁ、お灸と一緒ならイイけど」

★ココからはオフレコだっす→「お疲れ様でした。それじゃ、来週はいよ
 いよ開運特集ってコトでよろしいでですか?」「ねぇねぇ、後どれくらい
 しゃべればいいワケ?」「もしかして、かなり飽きてきました?」「だっ
 てさぁ、この新春対談を読んで、どれくらいの人間がオレに会いに来たい
 って言うと思う?」「さぁ、コレばかりはご縁の世界ですから」「ちゃん
 とそのへんのコトを考えて書くように!」「えっ? もしかして、プレッ
 シャーかけてますぅ?」「もちろん!」「ソ、そんなぁ…(←怯えている)
 じゃあ、一人につき紹介料払って頂けますぅ?」「師匠相手に、ショ、
 紹介料だとぉ? ソチも相変わらずあくどいのぉ、越後屋」「いやいや、
 お代官様ほどでは…」「(2人揃って)はーはっはっはっ」

★**************************************************************★
 知らぬ間に冷えたのか、お腹を壊し、吐き気をもよおし、熱はないものの、
 絶不調の未空だっす。今年の風邪の典型なんだって(泣)? すでにトー
 タルで48時間以上は寝てまっス。こ~んな風になったのは、何十年ぶりなん
 ざんしょ? 寒い場所での長~い立ち話は厳禁でっせぇ。いつまでも若いと
 思うなよ、未空ってな感じで、コレもありがた~い天からの警告。みんなも 
 マジに気をつけておくんなまんし。アナタからの優しいお見舞いMail待って
 ますぅ。それにしても肩がこりまんなぁ。全然、痩せへんしぃぃぃ(泣)。 
           coo-an@risoweb.com
 こーなったら、お見舞いカキコ大募集だ。↓アナタのカキコが未空を救う! 
      http://www.risoweb.com/coo-an/
★**************************************************************★
 私の出張カウンセリングの特徴は、まずは徹底的に、あなたの話を聞きます。
 とことん聞きます。とりとめのない話でもO.Kです。とにかく心ゆくまで、
 何でもいいから話してみて下さい。じっくりとプロのカウンセラーに聞いて
 もらえるだけでも、確実にあなたは、ラクになります。今までずっと、一人
 で抱え込んでいませんか? こんな事、誰にも話せないって、自分の中だけ
 で、勝手に決めつけていませんか? そんな事、絶対にないですから。大丈
 夫ですよ。カウンセラー未空は、どんな事があっても、最後まであなたの味
 方です。あなたからのMailを24時間365日、いつでもお待ちしています。
 詳しくは“空庵”のHP「助」のページを見て下さいね。
     http://www.risoweb.com/coo-an/ 
★****************************************************************★
=未空の2003年早寝新事実:◎連続で気持ちイイっす。不健康だと◎が増える=

コメントをどうぞ

XHTML: 次のタグを使用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

  • 誌 メールマガジン 環 お役立ちリンク 御 御未空慈
  • 無料メールマガジン

    メルマガ登録
  • 携帯サイトQRコード
  • 空庵facebook
  • 本日のアクセス数 : 435
    総アクセス数 : 911318

twitterページ
facebookページ
Amebaブログ