2002 年 9 月 のアーカイブ

ホーム >  未空ブログ > 2002 > 9月

中国の世界遺産、霊山・泰山帰り

2002 年 9 月 30 日

午前 青島 出発まで自由行動

12:50 青島発 JL784 青島出発、空路成田へ

16:45 成田着

中国の世界遺産、霊山・泰山4日目

2002 年 9 月 29 日

午前中 済南出発、青島へ

午後 青島着 青島市内観光

小青島、小魚山、桟橋など

ドイツ風の街並み、近代都市、リゾート地

という様々な面を持った山東省最大の港町

青島の魅力を味わおう!

夕食:新鮮な海鮮料理で、中国最後の夜を満喫しよう!

青島泊(日本との時差 -1時間)

中国の世界遺産、霊山・泰山3日目

2002 年 9 月 28 日

8:00 専用バスにて済南市観光

ほう突泉、大明湖、仙仏山など

14:00~17:00 NPO地球文化交流会主催イベント

「日中文化交流会2002」記念式典参加

夕食:済南料理

済南泊(日本との時差 -1時間)

中国の世界遺産、霊山・泰山2日目

2002 年 9 月 27 日

午前中 済南発 専用バスにて泰山へ

泰山観光(ロープーウェイ)

ユネスコ世界遺産である雄大な泰山に登り、

その歴史と自然を堪能しよう!

18:00 済南着

前夜祭・済南市対外友好協会主催晩餐会

済南泊

(日本との時差 -1時間)

中国の世界遺産、霊山・泰山行き

2002 年 9 月 26 日

「NPO地球文化交流会主催 日中文化交流会2002 中国・山東省の旅」

9:30 JL783 成田出発、空路青島へ

11:40 青島着

青島到着後、専用車にて済南へ

済南着 夕食:済南(チイナン)料理

済南泊(日本との時差 -1時間)

全て君のための舞台照明

2002 年 9 月 25 日

あの月も あの星も すべて君のための舞台照明

叫んでやれ 絞った声で 君がそこにいるってことを

♪ジュピター/バンプ

♪今日のいいコト♪ 前から気になってたMacのブルーベリー・ワッフルをとーとー食べたぞぉ(笑)

納豆菌

2002 年 9 月 24 日

昼間のワイドショーを何気に見てたら、納豆菌は人間の血液をサラサラにするように、汚い水もキレイにするパワーがあるとの事。

お騒がせタマちゃん(←大騒ぎしているのは人間の方だよ(笑))の住む鶴見川は、全国でもワースト3に入るぐらい汚れている(泣)。

眉がすでに4:40状態になってるリポーターが「先生、だいぶ汚れてますけど、キレイになりますか?」と聞くと、研究開発の中心と

なった博士は、「大丈夫ですよ。キレイになります!」と自信満々に答えた。容器に移された鶴身川の水に、納豆菌の入った透明

の液体を入れて5分後、すでに変化が起こっていた。藻のようなものがどんどん増え、これはバクテリアによって分解され始めた事

を示すものらしい。汚物の固まりである沈殿物も、やがて分解され、最後は透明な水に戻っていく。もちろん無害だ。自然の善循環

とは、まさにこの事だろう。半日後、あれだけ汚かった鶴身川の水は、ほとんど透明になっていた。私はものスゴーく感動してしまい、

うるうるしてしまった。スッゴいじゃん?! 納豆菌を使うと、こんなにキレイになっちゃうの? この世紀の大発明を手がけた教授を

始め、研究グループの人達はみんな関西出身で、阪神大震災の経験者だった。震災に遭った時、キレイな水の重要さと尊さを知った

という。大阪は水の都、その象徴ともいうべき道頓堀川を、泳げる川に戻したいというのが彼らの願いだ。何てステキな夢なんだろう!

いや、納豆菌を使えば、モー夢が夢でなくなるんだよ。聞いてるだけでウキウキしてきた私♪ こういう研究こそ、国家プロジェクトで

取り組むべきなんだ。聞いてる? シシ郎(←すでに死語だな(笑))。時代は善循環なんだよね。自然は本来そうだったんだから。

この博士達にスタンディング・オベーションだ。ノーベル科学賞もんだよ。感動した! ますます顔晴ってほしい。アンタはエラい(笑)。

♪今日のいいコト♪ まるごとバナナのワッフル系ニューバージョンを発見。前より値段は40円高いが、ボリュームあるしなぁ。へっへっへっ。

撤去Ⅵ

2002 年 9 月 23 日

3連休などおかまいなしに、夜は2コマ続けてセミナーがある。超スーパーウルトラかったりー(号泣)。

その前に、タンスのレターセット&カード類の整理だ。残り2段、力も入る。紙袋に無造作に突っ込ん

だ荷物は、まだそのまんまの状態で、コレが結構重いのだ。上から覗いてみたが、すぐにクラクラして

きたので止~めたっと! それにしても、ハンパじゃないカードの数。Birthday、Xmas、結婚、出産etc.

いつでもO.Kだ(笑)。私はカード類にはミョ~に執着があり、Getせずには入られない性分を持つ。

でも、相手に送ると喜ばれるし、決してムダにはなんないんだよね。手紙に関連する切手や文房具類も、

いっぱい持ってる。だって、大好きなんだもん! 昔「歩く郵便屋」と呼ばれた事もあったっけ(笑)。

今日の撤去作業は、鼻歌まじりにできて楽しかったな。いつもカードは私に元気をくれる大切なアイテム♪

♪今日のいいコト♪ ご縁ができて、名刺を頂いた。「お互いアンテナを張ってましょうね」と約束した。

撤去Ⅴ

2002 年 9 月 22 日

昨日のサポートのおかげで、体の調子がすこぶる良い。今年最後になるであろう冷し中華を食べ(笑)、

撤去作業を始めようとした。だが、しかし、こんな時に悪魔が囁く。「まだ眠いんだろ~? 未空母も

出かけてる事だし、このままお昼寝しちゃえ~」「だよね~」。アイス片手に、3つ折りにした布団の上に

ちょっとだけ寝そべって、空を見上げる。あっ、ヤバい。マジに眠くなってきたよ~と思ったら、すぐに

天使が飛んで来て、ガッツ~ンとアッパーカットをくらった(笑)。「ちょっと未空、何やってんのよぉ?

昨日わざわざ、100円ショップを3軒も回って、ハンガーとか必要な物を買って来たんでしょ。モー忘れた

とは言わさないわよ」「はぁ~ごもっともですが、食休みさせてもらえませんかね?」「なら10分だけね」

この真昼の天使と悪魔の葛藤は、熾烈な争いに発展した。そして、とーとー天使が勝ってしまった(泣)。

プラスチックケースに入ってる洋服の整理が超メンドい。でも、ガチャガチャになってると使いにくいしな。

中身を全部空け、床にバラまく。ふーっ、見るのもイヤだ。あっ、その前にクローゼットの整理をし~よっと。

新しく買って来たハンガーにスカートを吊り下げ、ふと見ると、アイロンが必要なブラウスばっかじゃないか?

おっ、パンツの裾もほつれてるゾ(泣)。間違っても未空母には頼めないし。あーっ、疲れてきた。腰も痛い。

イヤイヤ病の始まりだ。ダ~ラダ~ラダ~ラダ~ラ、半泣き状態で洋服関連は無事終了! 誰もホメてくんない。

イイも~んだ。ごほうびに昨日見たブラウス買ってあげるもん。だって半額!って、オイオイ、財政はとっくに

破綻しているのだよ(泣)。さぁ、次はポストカード類だな。何てたって、机の大きい引出し3段全てが手紙類!

フッフッフッと眺めながらの作業は、余裕かましてるな。でも残りは明日やるか。やっぱ最後は、悪魔に乾杯(笑)

♪今日のいいコト♪ Tさん、もう大丈夫。八方塞なんてないよ。前後左右斜めがダメでも、天井はポッカリ開いてたりするから。

身体意識

2002 年 9 月 21 日

私の体は、想像以上に疲れていて、見る人が見ると、相当ツラそうに映るらしい。

実感はしていたが、そんな時は必ずサポートも用意されてるんだなぁという事を、

改めて知った。心底ありがたいと思い、目の前の人に心の中で手を合わせる。

やはり必要な時には、必要な人が現れ、必要なメッセージを伝えてくれるものだ。

これは謙虚に受け止め、そして素直に反省しなければと思う。私は頭に気が上がり

やすく、誰も信じてくれないが緊張症だ(笑)。まぁ日本人の90%が緊張症だという

から、国民性もあるのかもしれないけど、いつもリラックスできていないのだ(泣)。

太極拳のS先生から借りた「意識のかたち 現代に甦る天才の秘密(高岡英夫:著

講談社:刊)」という本を読んでいるが、今の私が最も学ばなければならないのは、

「身体意識」と呼ばれるものかもしれない。この「身体意識」とは、体性感覚的意識=

視覚的意識や聴覚的意識とは異なる、身体の筋肉・骨格・内臓・皮膚・血管・経絡・

細胞等の上に成立する力感・圧力感・流動感・接触感・質感・温感・気感そして存在感

等の一切の体性感覚を根拠として成立する意識系のことだ。この「身体意識」を磨いて

いかないと、何が大切か? 何が本物か?を見抜く目や感性が認識力が、根本から狂って

しまう。これはイマドキ恐ろしい事だと痛感した(泣)。今回、私の体がボロボロになったのも、

この気づきを与えるためだったんだろうなぁ。助けてくれてる一人一人に心から感謝です!

♪今日のいいコト♪ 半断食状態も必要だったし、体がようやく循環したのか、心地良く寝れた。

感性

2002 年 9 月 20 日

私は不思議でたまらない

黒い雲からふる雨が

銀にひかってゐることが

私は不思議でたまらない

青い桑の葉たべてゐる

蚕が白くなることが

私は不思議でたまらない

たれもいぢらぬ夕顔が

ひとりでぱらりと開くのか

私は不思議でたまらない

誰にきいても笑ってて

あたりまへだといふことが

/金子 みすゞ

♪今日の俳句♪ 雲がいそいでよい月にする/種田 山頭火

婦人公論

2002 年 9 月 19 日

読書センスの良い友人から、多数の本と一緒に「婦人公論」をもらった。それにしても、何て読み応えがある雑誌なんだぁ?!

インタビュー記事から、エッセイ、料理、旅、映画、本の紹介etc. まぁまぁ、てんこ盛りで、読むのに時間がかかるコト(笑)。

久々に感動してしまった! 私の場合、雑誌はいつも立ち読みなので、丸ごと1冊丁寧に読んだ試しがない。いやぁオモシロイ。

最近「ピンと来たら、即実行!」運動実施中なので、気になったヒトやモノがあれば、すぐに周りの人達に声をかけてみる。

すると、オモロイぐらいにほしい情報やモノが、Getできるのだ。コレは快感! やっぱ、一声かけてカギかけてだな(笑)。

ピンと来たら、即Mailを送る。気になる記事をコピーして、久々の友人の元へ手紙を書いてみる。別に返事を期待しているワケ

ではなく、あげればあげるほど、実は「より良いモノがもらえる」という法則に、一人ニンマリしているだけだ。コレは真実だよ。

私からは、全然大したモノをあげてないのに、他人様から返って来るものが、超どデカい(←大きさじゃないよ)なんて、何だか

申し訳ないな。かたじけない。かなりルンルン気分(←死語)の私だ♪ ホントにうれしいね。ありがたいね。私はツイている!

♪今日のいいコト♪ 友人オススメの「特選」を食べてみた。おいしかったよ。バッチフラワーに目覚めた私。コレも新しい流れの一つだね。

Yさん

2002 年 9 月 18 日

連日の北朝鮮拉致問題のニュースを見る度、胸が張り裂ける思いがする。残された家族にとっての20年とは、

一体どんなものだったんだろうか? 私にはとても想像ができない。大切な娘を13才の時に拉致された父親は、

「長くても1週間ぐらいで、解決すると思っていました」と語っていた。ある時、漁船の網に身元不明の小さな

頭蓋骨が引っかがり、警察から電話がかかってきたという。歯型を照合したところ、娘ではなかった。ホッと

した。一つ一つの話を耳にする度、北朝鮮のあまりに悪質で、信じ難い「拉致」という手口に、はらわたが煮え

繰り返る思いだ。絶対に許せない! 何の罪もない人間が、たまたまそこにいたというだけで、勝手に他国に

さらわれて行き、そしてすでに多数の人々が死亡していたという惨い現実。こんな事があっていいのだろうか?

人間として許されるんだろうか? 私にはかつて、北朝鮮拉致問題に深く関与しているYさんという友人がいた。

すっかり過去形になってしまったが、彼女とは同じ学校に通い、心理のクラスで一緒に勉強していた仲間だった。

初めて彼女を見た時、雰囲気が違うなぁと感じたものの、別にそれ以上は思わなかった。なぜか私に好感を持って

くれ、一緒に食事をしながら、お互いの将来の夢を語り、その頃ツラい恋愛をしていた私をずいぶん慰めてくれたっけ。

玄米食で有名なレストランに自ら予約を取り、連れてってくれた事もある。そんな中、彼女の衝撃的な過去を聞いた。

最初はとにかく信じられなかった! でも、彼女が嘘をついていなかったとわかったのは、週刊誌にYさんの手記が

連載されたからだ。彼女の名前を見た瞬間、我が目を疑った。やっぱ本当だったんだ! 紛れもない真実だったんだ!

その頃、もう学校にも来なくなり、音信不通状態となっていたYさんは、かなり危険な状態になっているのではないか

と心配になった(泣)。何しろ相手は北朝鮮だ。頼むから無事でいてほしい。TVで記者会見に臨む彼女の凛とした顔

つきには、かなりの決意が現れており、もうかつてのクラスメートだった頃の面影はない。拉致された家族に深々と頭

を下げ、真剣に謝罪をしていた。彼女の人生を賭けた、命がけの闘いが始まっているのだ。もう私は見守るしかない。

実は、彼女だって被害者なんだよ。でも、犯した罪はあまりに大きく、取り返しがつかない。深い業を背負ってる人だ。

短い間だったが、Yさんとはラポール(信頼)が取れていたと思う。カウンセラーというより、一人の人間としての私

を応援してくれた人でもある。あの頃より、少しは成長できたかな? 彼女の人生を思う時、その苛酷さと運命の惨さ

に胸の詰まる思いがする。いつもリュックに入っていた大切なトトロの人形を見せてくれたYさん。うれしかったよ。

色々な事を思い出してたら、急に涙が出てきた。いつも遠くから見守ってるからね。そして、いつの日かまた、玄米

食のレストランに一緒に行こうよ。今度は私が予約するから。Yさん、あなたに会えて良かったです。どうもありがとう。

だから、絶対絶対無事でいて下さい!

♪今日のいいコト♪ 太極拳が伸び伸びできたような気がする。昨日の鍼灸のおかげかな。それにしてもS先生は達人だなぁ。

未空

2002 年 9 月 17 日

鍼灸でお世話になってる治療院のK先生には、1才4ヶ月の女の子がいる。そして、ぬわんと名前が「未空(Miku)」ちゃんというのだ!

えーーーっ、マジでっか? 何たる偶然! 「これも必然でしょう。記念に未空さんの名刺下さいね」と言われ、早速お渡しした。

6ヶ月の頃と最近の写真を見せてもらったが、大きくなるにつれ、パパに似てくるようだ。私と未空弟2号は、ウリ4つの未空父似(笑)。

未空母とは、顔は全く似ていない。名前の候補には、「未宙(みひろ)」ちゃんというのもあったとの事。未空ちゃんが生まれたの

が5月。K先生の奥様が北海道出身のため、里帰り出産だったそうだ。北海道の桜の季節は5月という事で、「さくら」ちゃんも候補

に上っていたが、その年の桜は早咲きで、すでに散っていた・・・ そんな中、彼女が生まれた朝、雲一つない青空に恵まれ、それ

ならという事で、無事「未空」ちゃんに決まったそうだ。そうそう「未知なる大空」なのだよ。昔、通っていた療術の学校で、成績

優秀者だった方のお嬢さんが、やはり「未空」という名前だった。えーーーっ、マジでっか?と、その時はかなり驚いたものだが、

探すといるもんなんだなぁという事に気づく。名前が一緒だと、一気に親近感が沸くよね。未空ちゃ~ん、一緒に大きくなろうね♪

♪今日のいいコト♪ ものスゴ~く見たかったビデオが届いた(号泣)。もうひたすら感謝・感激ですぅ。どうもありがとうございました!

孤独

2002 年 9 月 16 日

私達は「肉体の意識」が強いほど

人の言葉に傷つき、孤独を感じます

反対に「魂の意識」になればなるほど

人の言葉にも傷つかず、孤独も感じません

「肉体の意識」は、虚栄や外見を求め

「魂の意識」は、自尊や中味を求めます

孤独を克服したければ

「魂の意識」を持って、凡てを見ることです

するとまず、自分の内なる幾万もの命に気づくはずです

そして、その幾万もの命が持つ、その魂に気づくはずです

あなたはすでに、幾万もの魂と共にあるのです

その微細なる幾万もの魂にさえ

慈しみの心を持つことができたなら

孤独になど、なりようはずもありません

慈しみの心を持ちなさい

愛する心を持ちなさい

そして、「魂の意識」を持ちなさい

/Tatsu

♪今日のいいコト♪ 微笑みが菩薩っぽい? お世辞でも超うれしいですぅ。

撤去Ⅳ

2002 年 9 月 15 日

今日こそはやる。やるといったらやる。何が何でもやる。絶対にやる。そうココロに誓ったのがクローゼットの整理だった。

とにかく毎朝、イラつく。ワンピはズリズリ落ちるは、ハンガーは絡むはetc. とにかく許せなかったのだ! 何が悪いって

まともなハンガーがないからだよ。スカートやパンツを止めるクリップも絶対的に不足(泣)。これじゃ、片づくはずがない。

まずは、一番近くにある100円ショップへ。私の求める物がナ、ない。よ~し、もう少し先の100円ショップだ。系列が違えば、

商品も違うしな。あったーーーーーっ! まさにコレだよ、コレ。買占めに走る走る(笑)。フッフッフッ。でも、スカート

クリップがないではないか? よし、さっきの店に戻るぞ。フッフッフッ。コレも買い占めに走る走る。用意はできた。後は

未空母の助けを借りるだけだ。クローゼットから出した洋服を、無造作に部屋中にバラまく。針金ハンガーは、すぐに跡が

できて、肩がダメになっちゃうんだよ。そんな細いハンガーに、パカッとはめるだけで太くなるプラスチックカバーを発見!

さすがは、便利Goodsの店をいつも徘徊している「未空家の匠」コト、超頼りになる未空母だ(笑)。母娘で一致団結し、作業

はどんどん進むが、と同時に私の腰痛も復活(泣)。あとモー少しだ。顔晴れ、未空。ゴールは近いゾ。えっさホイっさ・・・

終わったーーーーーーーっ! クローゼットは完璧だぁぁぁぁぁぁぁ! 未空母、どうもありがとう。涙でPCが見えないってか(笑)

♪今日のいいコト♪ またもや本やCDをもらい、どれもこれも今の私に必要な物ばかり。本当にありがたい(号泣)。全て感謝&感謝!

イベント

2002 年 9 月 14 日

今夜はかなり興奮しているせいか、いよいよ私の悪いクセが復活した。ここんトコ、全然なかったのになぁ。

実は私は、真夜中に突然、片付け物をしたり、昔はメイクに凝ったりetc. イベントをするクセがあるのだ(笑)。

最終で帰って来て、携帯をふと見れば、Mailアドレスをまだ登録してない友人がいるコトに気がついた。コレが

そもそも運のツキだった。そー言えば、スケジュールに登録されてたBirthdayが、いつの間にか消えてたんだよなぁ。

ひっくひっく。携帯Mailの着信音も変えたいなぁ。ゴロ~ンと横になりながら、502iのマニュアルを見る。ふむふむ・・・

一人一人確認しながらの作業なので、結構時間がかかる。このBirthdayは削除する、Keepする、実は、コレも大きな

気づきで、整理が必要だった事が判明! やっぱ、全てに意味あがるんだよねと思ったら、何だかノッてきたゾ(笑)。

そー言えば最近、ネックレスがメチャクチャになってて、気になってたんだよね。結構イラついてたな。よしっ、整理

しよう! ガラス戸から宝石箱を取り出し、フローリングの床に置いて、ネックレスを眺める。そして、1本1本丁寧に、

種類別にフックに掛けていくのだ。コレはあんまし使わないから、こっちの引き出しにしまって、あっやっぱコレは、

すぐに出せるようにしておくか。フッフッフッ。大満足だワイ。ついでに指輪もやっておくかな。かなりノリノリな私♪

むか~し、彼氏からバリ島のお土産にもらった真珠のネックレスだけど、何年も付けてないじゃん。コレ、本当に今

の私に必要な物ですか? いいえ(←キッパリ(笑))。それならば、今までどうもありがとうございましたと感謝して、

ゴミ箱へ。あっ、ボタンはここじゃないゾ(いそいそとタンスへ)。おかげで宝石箱はスッキリ! 気がつけば明け方(笑)。

まだまだやれそうだけど、ここら辺で止めとこーっと(笑)。どんどんキレイになる快感。常にシンプルでいる快感・・・

♪今日のいいコト♪ おいしい物を食べ、ステキな人と楽しい時間を過ごす事ができた。この出会いに、心から感謝しよう。

Gifted

2002 年 9 月 13 日

家に帰ってきた早々、未空母に手招きされた。ゲッ、イヤな予感がするなぁと思いつつ、恐る恐る自分の部屋に入った。

おんやぁ、キレイになってるゾ。おーーーっと、荷物がない。えっ? 一体どこに行ったワケ? 私がキョトンとした顔を

してると、「モー我慢しきれなくってね、全~部片付けたのよ。ホラッ、どう?」すると、クローゼットの下から、未整理の

紙袋が出て来た。い、いつの間に? 化粧水や綿棒等が入ってるカゴもない。「何でわざわざ、2つのカゴに分けとくのよ?

1つにまとめた方が使いやすいでしょ?」確かにそうなんだけど、入りきらないんだもん(泣)。「でね、こうしたのよ」と

ふと見れば、大型のプラスチックケースにキレイにまとめられている。「前に野菜を送ってもらった事があって、その時の

を大事に取っといたのよ」と得意げに笑う未空母。マジに恐れいいった! スッげぇ! コレはまさしく、彼女に与えられた

才能だ。英語だと、こんな時「She’s gifted」と言う。まさに、天からのギフト(贈り物)だ。ホントよく思いつくよなぁ(号泣)。

私の部屋は、キレイに片づけられてて、気持ちがイイ&超うれしい♪ とにかく未空母に感謝しよう。You’re genius!

♪今日のいいコト♪ 未空母の娘に生まれて良かった。今日はマジでそう思った。私には絶対ない才能を持っている。ワンダホー(笑)

It’s Me

2002 年 9 月 12 日

時間の使い方が最も下手な者が、その短さについて苦情を言う

/ジャン・ド・ラ・ブリュイエール(フランス・作家)

♪今日の気づき♪ 他人に期待しすぎは禁物。これも全て意味があるから・・・

911

2002 年 9 月 11 日

あの惨劇からちょうど1年。よくよく考えてみれば、「911」っていう数字は、日本で言えば110番に当たる。

今日、改めて気がついた。やはり「Emergency(緊急)」事態だったんだ。犠牲者となった消防員は343人。

その中の60人は非番だった。でも、この緊急事態にいてもたってもいられず、現場に駆けつけ亡くなった。

勇敢な消防員もそうだが、アメリカの底力は、一般市民の意識にある。1年前のこの日、テロ事件発覚後、

アメリカの大学では、学長から校内中の生徒に、一斉にMailが送られた。「今、あなたにできる事は何か?」と。

あっという間に、献血ができる人、ドミトリーの部屋に被災者を泊められる人、食事や毛布を運べる人etc.

ボランティアの輪が、そこかしこにできあがっていった。街中では、ボランティアに登録する人が後を断たず、

登録するまでに約3時間という、長い長い行列ができあがった。その列に、かなり高齢のおばーちゃんが一人

並んでいた。「えっ? こんな老人に何ができるの?」と誰もが思った。いよいよ彼女の番になり、受付者が

訊ねる。「あなたは何ができますか?」「私は石が拾えます」「Thank you! それでは、必ずご連絡します」

見事、彼女は登録された。これこそが、アメリカの底力なのだ! 日本の老人、ましておばーちゃんだったら、

ここまでできるだろうか? いや、おばーちゃんだけではない。私だって、「そんな事でわざわざ登録してもねぇ。

石を拾うんだったら、それはブルドーザーとかでやった方が効率もいいし」とか何とか理由をつけて、結局は

登録しなかっただろう(泣)。重い物を運ぶのは、若い人の仕事でしょ? いや、それは違う。誰だって石

ぐらい運べる。だからこそ、自分で運べる石を選べばいいんだ。運んだ分だけ、確実に片づいていく。まさに、

今、自分ができる事「イマデキ」なのだ。このおばーちゃんの意識は、どこから来るんだろ? これこそがアメ

リカ魂なのか(笑)? 9.11になると、このおばーちゃんの話を思い出す。私も見習いたい。そして、黙祷・・・

♪今日の気づき♪ 心のこもったうれしい手紙が届く。そっか、私はカエル<浄化>だったのか?! キーワードは「水」

Page 1 of 212
twitterページ
facebookページ
Amebaブログ