2001 年 3 月 のアーカイブ

ホーム >  未空ブログ > 2001 > 3月

バナナクレイジー

2001 年 3 月 31 日

超久々に、近所の行きつけの美容院「バナナクレイジー」に行った。

お花見の予定も、雪で中止だなとブツクサ言いながら、パーマ&カットを

してもらった。ここのお兄さんは、いつでも元気だ。とにかく自然体なのだ。

会う度に、若くなっていくような・・・(笑)。こういう人と会うと、自分が

ニュートラルになれるような気がする。シンクロする事が多いのかな。

今度、お店がお引っ越しとなり、転機を迎えているとの事。新しいお店兼自宅

の住居に伴う借金、及びもう20年近くも美容師という仕事を続け、家族を養って

いるという事実。社会人としては、当たり前の事なのかもしれないが、私はそんな

プレッシャーに耐え切れそうもない。本当に情けない社会人だ(泣)。

自分にとって、何が当たり前なんだろう? 当たり前の事を当たり前にできていない、

情けないパラサイトシングルの私。ひっくひっく。でも、ちょっとだけ微笑んでみた。

すると、パーマをかけ、髪をきれいにカットされた鏡の中の自分が、「顔晴って」と

慰めてくれたような気がした。明日から、2001年度が始まる。新しく生まれ変わろう!

お兄さん、これからもよろしくね♪

可愛いね

2001 年 3 月 30 日

★夜空を見上げて。

「お日様は、空を青く照らすけど、お月様は、空を黒く照らすんだね」(女の子・4才)

★電車の進行方向を背にして座って。

「ママ、この電車、何でバックばっかりしてるの?」(男の子・2才)

★チューリップの球根の芽が出てきて。

「お母さん、なかなか親指姫が出て来ないねぇ」(女の子・3才)

★“裁判の判決が下りました”という、ラジオのニュースを聞いて。

「お母さん、半ケツじゃ、おなか下しちゃうよねぇ」(男の子・6才)

★岡山は、日が暮れた。「東京も夜?」と聞くので、「そうだよ」と答えて。

「ふ~ん、夜はつながってるんだ」(男の子・4才)

★花粉症で、毎朝出勤する父親に向かって。

「パパ、今日も給食当番?」(男の子・4才)

★電車に興味を持ち、特に機関車が大好き。炊飯ジャーから、湯気が出ているのを見て。

「ご飯も“シューッ”って走るかなぁ」(男の子・2才)

★歩き疲れて、ぐずりだした時。

「もう歩けない。足が眠いって言ってるよ」(男の子・5才)

さすが!

2001 年 3 月 29 日

徹底して考えぬいた末に生まれる「独創性」と、最後までやりぬく「粘り」

を持つ事。この両輪なくして、大きな夢を実現させる事はできない。

苦労して、これなら大丈夫だと考えてやった実験が、何の役にも立たな

かった時には、本当に心底ガッカリする。自分の人生は、こんなムダな事

の繰り返しで終わってしまうのかと、先行きに絶望してしまう。

けれども、ここで撤退していては、文字通り何もできずに、人生を終わって

しまうのだ。撤退を100回繰り返しても、何も手に入らない。ただひたすら、

撤退する事を学ぶにすぎない。そして、何かある度ごとに、すぐに匙を

投げるようになる。これはちょっと難しいから止めておこう、どうせムダな

時間を費やすだけだ・・・と自分の都合の良い理由を探すようになる撤退屋

の言う事は、大体決まっている。「私は、何度もこの実験をやったけれども、

いつもうまくいかない。だから、私の忠告を聞いて止めた方がいい」。

まるで、あらゆる実験を経験したベテランが、親切に道を教えてくれている

ような態度なのである。しかし、ここで素直に撤退屋の忠告を聞いて、実験を

止めてしまえば、新しいものを創造する可能性は失われてしまう。

注意してほしいのは、親切ごかしで忠告してくれる連中は、まずほとんどと

いっていいくらい、成功した事がないという事だ。自分が、最後までやり遂げる

事ができなかったから、止めておけと忠告しているにすぎないのである。

彼らの親切な忠告とは、彼らの仲間、つまりは第2第3の失敗者を生み出す道具

にすぎないのだ。だから、本当にダメかどうかは、自分の目で確かめなければ

ならない。本当にこのやり方では、失敗するかどうかを自分の手で確かめてみる。

あの人は失敗したけれど、ひょっとすると、自分がやれば成功するかもしれない

と考えるのだ。そして、止めておけ等という忠告には、耳も貸さず、やってみるのだ。

壁をよじ登ってでも構わない。遠回りしても構わない。もちろん下手でも、ツギハギ

だらけでも構わないのだ。完成品を作りあげる事! この事が、非常に重要なのである。

/中村 修二(工学博士 カリフォルニア大学 サンタバーバラ校教授

         20世紀中には、絶対ムリといわれた青色発光ダイオードを、世界に

         先駆けて開発。「ノーベル賞に最も近い人」と世界中から評価を受ける)

ムリだ

2001 年 3 月 28 日

どんなことが 起ころうと

どんな時代の 波風が荒れようと

どんな冷たい批判を 受けようと

どんな苦悩の どん底にあろうと

どんな幸福の 絶頂にあろうと

常に変わらぬ ありのままの人

そんな人に 私はあこがれる

いつも大地に 足を踏みしめ

周囲をぐるぐる めぐってゆく

物象の変化に とらわれず

自分を見失わず

自分の道を かんぜんと進む人

そんな人を わたしは愛したい

気どらず 飾らず

智恵深く 情深く

心の底で 自分を信じて

誤解にも 不幸にも じっと耐えて

いつも ありのままの人

そんな人を 私は尊ぶ

/神田 理沙「17歳の遺書」より

乳児

2001 年 3 月 27 日

夕刊の見出しに「ユダヤ人の乳児射殺」と出ていて、すぐにページをめくった。

新聞の記事によれば、乳児は家の前の公園で、母親と遊んでいたところ、

いきなり頭を狙われた。流れ弾ではなく、確実に人を狙って撃ったらしい。

それも乳児を! 母親も足にケガをしているが、目の前で我が子を撃ち殺された

彼女の気持ちを思うと、本当に胸が痛んだ。生涯、トラウマを抱えて生きて

いかねばならないだろう。このショッキングな記事と一緒に、事件前の一家の幸せ

そうな写真が掲載されていて、さらにやり切れない気持ちになった。一瞬のうちに

起きた想像を絶する事件。一向に治まらない民族同志の争い。宗教って何なんだろ?

神様っているの? どうして次々と、こんな悲惨な事件が起きなければならないのか? 

やっぱ「生きてる」だけで、すごい事なんだと思う。赤ちゃんの冥福を心から祈りたい。

そうなんだ

2001 年 3 月 26 日

大人になってもどぎまぎしたっていいんだな

ぎこちない挨拶 醜く赤くなる

失語症 なめらかでないしぐさ

子供の悪態にさえ傷ついてしまう

頼りない生牡蠣のような感受性

それらを鍛える必要は少しもなかったのだな

/茨木 のり子「汲む」より

ダラダラ~

2001 年 3 月 25 日

いのちが一番大切だと

思っていたころ

生きるのが苦しかった

いのちより大切なものが

あると知った日

生きているのが

嬉しかった

見ているだけで

何も描けずに

一日が終わった

そういう日と

大きな事をやりとげた日と

同じ価値を見いだせる

心になりたい

/星野 富弘「鈴の鳴る道」より

みんなへ

2001 年 3 月 24 日

「ありがとう」/中島 じゅあん

生まれてくれて ありがとう

生きていてくれて ありがとう

あなたを抱きしめながら

わたしはわたしを 抱きしめる

喜び 楽しさ 安らぎを 抱きしめる

悲しみ 恐れ 不安を 抱きしめる

困難 試練 絶望を 抱きしめる

希望 勇気 可能性を 抱きしめる

過去 現在 未来を 抱きしめる

人生 太陽 地球を 抱きしめる

わたしが「すべて」を 抱きしめるとき

「宇宙」が わたしを 抱きしめる

こうして出会えて ありがとう

いつか 別れの時は くるけれど

永遠に消えはしない 生命(いのち)の煌(きらめ)き

生かされている「今」を抱きしめて

生かせる「生命」を ありがとう!

P.S 毎日“空庵”にアクセスしてくれるみんな、本当にどうもありがとう!

   心から感謝しています。これからもずーーーっとよろしくね♪

夫婦

2001 年 3 月 23 日

10代の夫婦は、セックス夫婦。

20代の夫婦は、愛で結ばれる夫婦。

30代の夫婦は、努力して夫婦。

40代の夫婦は、我慢の夫婦。

50代の夫婦は、あきらめの夫婦。

60代の夫婦は、感謝し合う夫婦。

/永 六輔

ぼく

2001 年 3 月 22 日

ぼくが ここに いるとき

ほかの どんなものも

ぼくに かさなって

ここに いることは できない

/まど みちお

イイなぁ

2001 年 3 月 21 日

朝湯こんこんあふるる まんなかのわたくし

/種田 山頭火

睡眠不足

2001 年 3 月 20 日

最近、ココロが不安な時は、睡眠不足の時が多いと実感させられる(泣)。

ちゃんと寝ると、正常なアタマの働きが戻って来るような・・・

たっぷり寝るって、超大切なコトなんだね。今さらながらなんだけど。

昔っから、次の日な~んの予定もなくて、温っかい布団で、思いっきりクークー

スヤスヤ眠れると思っただけで、一人ニヤけてきちゃうんだよね。フッフッフッ。

私は、他人からアグレッシブに見えて、実はかなりの引きこもりタイプだ。

出不精なのね。お布団とお友達♪ アイシテル(笑)。要はナマケモノなんだな。

はっはっはっ。まっイイっか。あわてないあわてない、“空庵”で一休み一休み・・・

コリ

2001 年 3 月 19 日

肩が凝って、カラダがこわばって、太ももの裏側が、原因不明の筋肉痛(泣)。

一体、どーしちゃったんだろ? 午前中は、神経性の胃痛ぎみ。

午後になって、ずいぶん良くはなったものの、結構ショックだったりして・・・

マッサージをされると、ミョ~に気持ちイイんだよね。カラダって正直だ(笑)。

久々に、真夜中に長電話をしたら、ココロはほぐれたなぁ。ゲラゲラ笑ったからね。

4月から、色々とスケジュールが変わってくる。うーむうーむ、がんばんなきゃね(泣)

2001 年 3 月 18 日

毛(「ケじゃなくってさ、ウールって言えば?」と友人からのツッコミが・・・)の

トックリ(「トックリじゃなくってさ、ハイネックって言えば?」とまたまた、

友人からのツッコミが・・・はっはっはっ。ダブルできたもんだ)の白いセーターを

洗濯したら、前の部分の汚れが落ちていない。部分洗いをしなくちゃダメだったかな。

それにしても、ガンコな汚れだ。えーい、こうなったら、後ろ前を逆に着ようと思って、

タグをはさみで切った。ピリッ。かなりイヤな予感がした。えっ? もしかして・・・

うわーーーーーーーっ、穴が開いたーーーーーっ! どーしよーーーーー? びぇーーーっ(泣)。

ホントに生まれつき、不器用なんだよ。指先を使う事に慣れてないっちゅーか、才能がないんだ。

ものすごーくショックだった(泣)。毛100%の白いセーターは、コレ1枚だけなんだぞーっ。

あーっ、ユニクロに行かなきゃ(笑)。ひっくひっく。♪私バカよね~ おバカさんよね~

取捨選択

2001 年 3 月 17 日

Mailがたまりにたまっている。そうそう、メルマガだよ! 一体、こんなに大量に

登録して、いつ読むんだよぉ? どれも本当に大切なのぉ? そろそろリセットの

季節なんじゃないのぉ? ヤバいよぉ、こーゆー状態って。わかってるかーい、未空?!

・・・へぇへぇ、そうなんだよ。わかってるわかってるってばさっ。ひっくひっく。

ホントに欲張りなんだよね。何でも抱えて捨てられない。部屋も汚くなってきてるぞ~。

毎日、余裕がないんだ(泣)。何でこんなに、毎日ゼコゼコして暮らしてるんだろ?

未空父にいつも、「りこうとバカの最大の違いは、優先順位のつけ方だ」って言われ

続けてるんだけど、全然守ってないよ。だから、やっぱバカなのかな。自分で自分が

イヤになってくる(泣)。こんな時こそ、“空庵だより”を読んで、「基準」をクリア

してる自分をホメてあげよう! ガンバレ~未空、負けるな~未空(笑)

ヤケド

2001 年 3 月 16 日

温っかいおそばを注文したのが悪かったのかな。だって、私はうどん派だから(笑)。

でも今日は、どーしても温っかいおそばが食べたかったの。猫舌・猫指・猫カラダと

3拍子揃った私の猫体質は、何でも冷まさないと食べられない。飲めない。触れないetc.

一瞬、ヤバいと思ったんだよね。だって、かなり熱かったから(泣)。もう案の定、口の中は

大パニックになった! 後でね、ベロ~ンと皮がむけたよ。もう痛いの何のって、もうひっくひっく。

何を飲み込んでも、しみるんだよね。涙うるうる・・・マジに、みんなも気をつけてね。

デブ

2001 年 3 月 15 日

この頃、よく甘い物を食べるようになってしまった。おかげで体重が増え続けていく。

というより、食欲旺盛すぎるのだ(号泣)。お腹が空いて、ガマンできなーーーいっ!

ファーストフード系の新商品にも、ついつい手が出て、コレが超ヤバーーーい!

ケンタの「ツイスター」を食べ、結構お気にだし、ウェンディーズのソースが

2種類ある、チキン何とかバーガーも食べてしまった。ビックマックが200円なので、

ついオーダーしてるし、もうお腹プクプク状態(泣)。満腹中枢が元々マヒしている私は、

ホントによく食べる。鋼鉄の胃腸を持ち、海外でお腹を壊した経験もない。昔は、ゴハン

「一杯」運動をやっていたが、今はゴハン「いっぱい」運動に変わってしまった(笑)。

それにしても、カラダが重いのだよ。お腹が苦しいのだよ。コレでは、マジにイカんのだよ。

と言いつつ、人の食べていたカップヌードルが、ミョ~に気になって・・・誰か私を止めて~(笑)!

心息動

2001 年 3 月 14 日

太極拳の教室に、楊名時師家(しけ)がやって来た。師家(しけ)とは、創立者?の意味らしい。

つまり、宗家であり、家元だ。何年ぶりにお会いしたのだろう? 病気で入院されてはいたものの、

至って元気なご様子。あい変わらず楊先生のカラダは、クラゲのようにしなやかで、本当に柔かい。

年齢は70才を超え、太極拳歴40年以上の大ベテラン! 人間にとって一番大切なのは、心だと説く。

今回の楊先生は、太極拳で大切なのは「心息動」と黒板に書いた。「調和の心」と「深い呼吸」、

それに「体は動かすもの」だという意味で、実はこれが、人が生きる事そのものなのかもしれない。

楊先生のおかげか、何なのかわからないが、教室の気が変わって、いつもより私の体がほぐれている

ような気がした。たまには、新風が必要なのかもしれない。私も楊先生のようなクラゲ体になりたいなぁ(笑)

減少・・・

2001 年 3 月 13 日

全体的な“空庵だより”の読者は増えたものの、減少していくメルマガの

発行媒体もある(号泣)。当たり前の話なのだが、やはり悲しい・・・ひっくひっく。

何がいけないのかなぁ? 同じ内容なのに、何で増え続ける所と、減り続ける所が出て

くるんだろ? 読者層の違いなのか。“空庵だより”に好意的な人は、Mailをくれたり

するんだよね。もう、何度も読み返しちゃうもんね~。ヘヘンヘヘンだ~♪

そーそー、プリンターのトナーが、とーとーなくなったので、スペアを買って来たんだけど、

レーザーなので超高い! 7,700円以上もしたぞーっ(泣)。どこか安い所があったら、

どなたか教えてくれませんか? よろしくお願いしま~す!

ホワイト

2001 年 3 月 12 日

「ホワイト柿の種」をもらって、初めて食べてみた。意外においしいんだね。

辛さが、全然感じられないなぁ。「チーズおかき」だっけ? アノ味にも

似てるような気がするんだけど。ホワイトチョコに対して、「ブラック柿の種」

っていうのかなって思ったら、「チョコ柿の種」っていうんだってね?

はーはっはっはっ。そりゃそーだ。♪おかしいね サッチャン(笑)

Page 1 of 212
twitterページ
facebookページ
Amebaブログ