2001 年 4 月 のアーカイブ

ホーム >  未空ブログ > 2001 > 4月

ホッ

2001 年 4 月 30 日

出づる月を待つべし

散る花を追うことなかれ

/中根 東里

2001 年 4 月 29 日

あなたが苦しくなるのは

あなたの事を愛そう(認めよう)としない人に

愛されよう(認められ)とするからです

今のあなたを愛してくれないような人は

あなたがどんなに努力しても、どんなにがんばっても

また次の足りない所を見つけてくるだけです

そんな人の事はさっさと無視して

“本当にあなたを愛してくれる人”との時間を楽しみましょう

そして、もっと大切な事は

もし、誰もあなたを愛さなく(認めなく)ても

あなただけは、あなたを愛して(認めて)あげましょう

今日、あなたは一度でも、あなたを誉めてあげましたか?

あなたがあなたを愛さなけれ(認めなけれ)ば

誰があなたを愛するのでしょう?

2001 年 4 月 28 日

未空母と一緒に、お墓を見に行った。前から気になっていた某会で、元来のような

墓石が立ち並ぶお寺ではない。元現代美術館が今は、納骨堂に様変わりしていたのを、

その時初めて知った(笑)。考え方が斬新であり、〇〇家の墓ではなく、あくまで個人

が基本。位牌が立ち並ぶ地下は、33年経つと骨ごと、総墓と呼ばれる所に移され、土に返る。

未空父&母は揃って、「お墓はいらない」と言っていた。私もそう思っていたのだが、やはり

これから私が年を取り、両親がいなくなった時に、どこにもお参りできる所がないというのは、

何となく寂しかった。目に見える心の拠り所というか、そんな場所がほしくなってきたのだ。

それを未空母に話したところ、「それならば」という事で、前から気になっていたこの会の

見学会に参加したのだった。お墓というのは、亡くなった人のためだけにあるものではない。

残された人間の癒し場所でもあるのだ。最近、私の周りには「死」が多い。6才の子供から、

中学時代の同級生の母親、親戚のおばetc. 死はいつでも不意打ちだ。突然、襲ってくる。

もし「死」がなければ、「生」を考える必要もない。自分のやりたい事をやって、大往生しよう(笑)!

意乗(いのり)

2001 年 4 月 27 日

知り合いのヒーラーの方に勧められ、「文字は言霊の息吹きなり」という

信念を持った書家の展覧会に行って来た。「世界は元一つ」であり、

「人類は元一つ」であった事を実証したくて、全国巡回の展覧会を催して

いるという。その書家の名前は、安藤妍雪(けんせつ)。ご本人にお会い

したのは、今回が初めてだ。彼女は雑誌のインタビューの中で「今、神に

対する“祈り”は、人間が頼む一方になってしまっている。しかし、本当の

祈りとは、神の意に乗る事、つまりそれこそが“意乗(いのり)”なんです」

と話している。これはとっても新鮮だった! 彼女に直接、お聞きしたところ

「だから、神の意が何かわからなかったら、乗れないでしょ? それを教えて

あげるのがヒーラーで、指導者の役目なんですよ」との事。ふーん、そっかぁ、

ヒーラーって、コノ世とアノ世の通訳者だったのか(笑)。神の意って何なのかな。

「神代(カンナガラ)宇宙文字展」が21世紀の世に問う、新しい世界とは・・・?

これからじっくり見据えていこう!

インドネシア

2001 年 4 月 26 日

“空庵だより”の読者の方とお会いした。足裏健康法でおなじみの春月さんだ。

Mailのやりとりをしているうちに、本日めでたくご対~面となった。

しょっぱなから、待ち合わせのカフェを間違い、大慌てで戻ったボケまくりの私。

やっぱ、根っからのバホ(バカ+アホ)やねんなぁ。スミマセンでした(泣)。

行った先は、インドネシア料理屋。そーいえば、もうバリに行って、10年くらいは

経つんだろうか。ウブドにあるロータスカフェは、今でもあるのかな。懐かしいなぁ。

ガドガドサラダやサテetc. インドネシア料理をつつきながら、いろ~んな話をした。

初対面でありながら、ここまで話せる人に巡り会えた幸せを感じずにはいられない。

私は相手に申し訳ないと思いつつも、かなり話題が飛ぶという悪癖を持っている(泣)。

その点、大人である春月さんは、とてもわかってる人なので、ガンガン甘えてしまった。

きっと、めまぐるしかったに違いない。ついつい、ココロが喜んでしまったので、

時間をトリップし、一人で突っ走ってしまった。迷惑だったかな。ごめんなさい・・・

ステキな大人に会うと、とってもうれしくなる。年上の女性は、未来の自分でもあるんだよね。

“空庵”を通して出会える人は、縁が深いのかな。春月さん、どうもありがとうございました。

これからもよろしくお願いしますね。ペコリ(笑)

ミニロト

2001 年 4 月 25 日

銀行のATMから、宝くじが変える! 「ふーん、時代も変わったもんだ」と

思いつつ、その時はチャレンジしなかったのだが、やはり気になっていた。

今日はもう、やるしかないでしょ。画面上の手続きに、フムフムとうなづきながら、

200円×5口=1,000円分買ってみた。当たると、銀行口座に振り込まれてくるらしい。

最近の私は、映画の台本やら新式の携帯やら、結構くじ運イイからなぁ。フッフッフッ。

目指せ、一攫千金でしょ(笑)。抽選日は5/1。当たったらどうしよう。キャーキャー♪

CMの中居クンの気分だね。アノお父さんの媚びた眼差しが好きだ~(笑)

足跡

2001 年 4 月 24 日

「浜辺の足跡」

ある日、私は夢を見ました

浜辺を神と共に歩いている夢を

海の向こうの大空に、私の今までの人生の光景が

はっきりと写し出され、どの光景の前にも

浜辺を歩いている神と私の2組の足跡がありました

最後の光景まで来た時に振り返って見ると

ところどころ足跡が1つしかない事に気づきました

そしてそれはいつも私が苦境に落ちて

悲しみに打ちひしがれている時でした

私は、あえて神に尋ねました

私があなたについて行くと言った時

いつも私のそばにいて下さると約束されたのに

どうして私が一番あなたを必要としている時に

私を見放されたのですか

神は答えておっしゃいました

私の大切な愛しい子よ

私は決してあなたのそばを離れた事はない

あなたが見た1つの足跡

それは苦しみや悲しみに傷ついたあなたを

そっと抱き上げて歩いた私の足跡なのだと

ある日、私は夢を見ました

浜辺を神と共に歩いている夢を

/マーガレット・パワーズ

モンセラート

2001 年 4 月 23 日

海外旅行のパンフを久々に見ていたら、辺り一面が真っ黄色のじゅうたん!

スペインのひまわり畑の風景だ。ネパールに行った時も、やはり同じく真っ黄色

の光景を見たが、こちらは菜の花のじゅうたんで、本当にきれいだった。

スペインは、まだ行った事がない。ガウディの建築、ダリの家、プラド美術館、

アルハンブラ宮殿etc. どの都市も魅力的だ。そして、最近行ってみたいのが

モンセラート。ここは古くから、カソリックの巡礼者が訪れるカタルーニャの聖地。

壮大な岩山の中に建つベネディクト派の修道院があるのだが、黒いマリアで有名

な場所でもある。キリストもマリアも、実は黒人だったという本を読み、かなり心惹

かれている(笑)。あまりメジャーな所ではないのだが、逸話も何気に多いのが特徴だ。

いずれ訪ねてみたい。早く縁があるとイイなぁ。

2001 年 4 月 22 日

1年ぶりに会った友人から、コンサートに誘われ、笙を聴きに行って来た。

笙(しょう)は雅楽の楽器だが、目の前で本物を聴いたのは初めてだった。

こじんまりとしたモンゴルのパオを髣髴させる会場で、たっぷり2時間、

休憩なしのぶっ続け(笑)。作曲者は、現代作曲家の故ジョン・ケージだった。

考えてみれば、最近、こんなに何時間も、音に集中した事ってなかったなぁと思う。

家の中で聴く音楽といえば、せいぜいBGM程度、つまり「~ながら」だ。

メロディを楽しんでも、「単音」としては聴いていない。まぁ、当たり前なんだけど。

洋楽器の音に慣れ親しんでるせいもあり、現代は音の洪水だと思う。

笙の音も、そんな中に溶けていく・・・古式ゆかしき雅楽の音も、たまにはイイよね。

誘ってくれた友人に非常謝謝!

ほのぼの

2001 年 4 月 21 日

手枕や蝶は毎日来てくれる

/小林 一茶

薔薇

2001 年 4 月 20 日

花屋さんの前に置いてあるカゴいっぱいに、オレンジの薔薇の花束が詰まっていた。

あまりにきれいだったので、もしも私が大金持ちだったら、カゴごと全~部買い取ったと思う(笑)。

今夜はセミナーなので、とりあえずその美しいオレンジの薔薇を横目で眺めつつ、

いつもの場所に向かった。セミナーも、今日で一段落。山場は越えたらしい。

セミナー終了後、ニコニコしながら会いに来てくれた人がいる。いつも私を励ましてくれ、

優しく見守ってくれる貴重な存在だ。この人のおかげで、私がどれほど助けられたかわからない。

「はいっ、これ!」と突然渡された袋には、ナ・・・なんとオレンジの薔薇が一輪入っていた!

「えっ? どうしてこれを?」と聞くと、「いや、何となくオレンジがイイかなぁと思って」。

もう、とにかくビックリ&この薔薇は特殊で、ボタンを押すと、♪It’s a small worldが

流れるのだ(笑)。やっぱ意識がシンクロしたのかな。そう思ったら、とにかくうれしかった!

心のこもったきれいなカードも添えられている。いつもいつも、私はしてもらうばかりだ(泣)。

Oさん、いつも本当にありがとうございます! これからも未空を見守ってやって下さいね。

美しいオレンジの薔薇は、これからも色褪せる事なく、咲き続けてくれる。ずーっとよろしくね♪

立て続け

2001 年 4 月 19 日

また携帯が鳴る。昼間にも着信があった、見覚えのない070で始まる番号。一体アナタは誰?

もうこうなったら、勇気を持って、折り電してみるか。よし、覚悟は決まった。正体を暴いてやる(笑)。

「もしもし・・・」

「こんばんは。Hです」

「はっ? えっ、もしかしてH君?」

「そうです。こんばんは。元気だった?」

「久しぶり~。もう誰かと思った(ホッ)。何度も電話くれたよね?」

な~んだ。彼だったのか。もう1年以上会ってない友人だった。あー良かった。めでたしめでたし。

超久しぶりだったので、お互いの近況報告になった。すると、今度は自宅の電話が鳴る。

近所の友達からだった。仕事が決まったのかな。とりあえず折り電。すると、また電話が鳴った(泣)。

何で、こんなに一気に電話が鳴るのぉ。こんなコトって、めったにないのに・・・

えっ? 今度はN財団? もう前にも電話は困るって、ちゃんと話したはずなのに、全然聞いて

くれないワケ~? カンベンしてよ。あっ、携帯の電池が切れた。どーしてこーなるの(笑)

Special

2001 年 4 月 18 日

「あなたは特別な人」

あなたは特別な人

世界中のどこにも、あなたのような人はいない

そして時の始めから、あなたのような人は、1人もいなかった

同じような微笑み、目、鼻、髪の毛、手や声を

他の誰も持っていない

同じような筆跡、同じような食べ物、洋服、音楽や美術の好みを

持っている人は、他のどこにも見つからない

あなたと同じ物の見方をする人もいない

全ての時代の中に、あなたと同じ笑い方や泣き方をする人はいない

得意とする事で、他の人がもっとうまい時はあるかも知れないが

あなたの才能、考え方、能力や感情が持つ、素晴らしい調和に達する人は

誰もいない

ステージいっぱいの楽器、もちろんそれぞれは素晴らしいけれど

全てが一緒になって奏でる時のシンフォニーは真似できない

そう、あなたはシンフォニーのよう

永遠という時の中で、あなたと同じような姿をしたり

同じように話したり、歩いたり、考えたりする人はいない

あなたは特別で、たぐい稀な人

そして、その特別さには大きな価値がある

あなたに大きな価値があるから、他人を真似する必要はない

そんなあなたに出会える事が、どんなに素晴らしい事か

あなたが特別である事が、偶然じゃないとわかり始めていますか?

もし他の誰かなら、あなたほどうまくできない使命を果たすために

あなたが生まれてきた事を

数十億人の内、あなただけが、この特別な資質を持って生まれてきた

特別な使命を果たすために、必要な全てを持っているのはあなた1人

そう、あなたは特別な人なのです!

誰~かさん

2001 年 4 月 17 日

真夜中に携帯が鳴った。誰だろう? 多分・・・んっ? 切れた。

着信を見ると、070で始まる知らない番号だった。また?

前にも、遅い時間に電話がかかってきて、マチガイ電話だった。

その時、ちゃんとアナタにお話しましたよね。直接言いませんでしたっけ?

そういえば、ご丁寧に留守電にメッセージが入ってたりした事もあったなぁ。

登録した事のない携帯版メルマガが入ってきて、ほとんどがAV系(笑)。

ガンガン削除したっけ。オイオイ、マチガイ電話の主の趣味がわかるよ。

まだ続くんですかねぇ。ったく・・・何とかしておくんなまし(笑)

何となくイヤ~な予感

2001 年 4 月 16 日

朝、起きると何となくノドが痛い。イヤな予感がするなぁと思いつつ、

今度は目がショボショボしてきた。そういえば、関節も痛くなってきたような・・・

熱はないのだが、このままムリをすると、間違いなくブッ倒れると思ったので、

夜のセミナーをキャンセルしてしまった。そうだ、こんな時こそ、体を大切にしよう。

早く寝なさいってコトだな。わかりました。早くお風呂に入って、速攻寝ます!

みんなも、体には気をつけてね。おやすみなさ~い。

祈り

2001 年 4 月 15 日

「愛の祈り」

十分に尽くしたと思う時、もう一歩進んでさらに深く愛しなさい

困難にぶつかって、人に尽くす努力を止めそうになる時

奮発して、障害を乗り越えて、さらに深く愛しなさい

安逸を求め、人に尽くすべきところを省きたくなる時

利己心から、自分の殻に閉じこもろうとする時

あなたから先に、一歩相手に歩み寄りなさい

人の不正の犠牲になって、抗議したくなる時

さらに深い愛をもって、沈黙を守りなさい

人の悪口を言いそうになった時、愛を心に沸き立たせ、話題を変えなさい

人のために犠牲を払いたくないと思う時

さらに深い愛を込めて、寛大への道を選びなさい

人を大切にするという事に、困難や反発を感じる時

理屈や議論を抜きにして、さらに深い愛を示しなさい

全ては静けさを取り戻すだろう

愛の掟の実行を拒みたくなる時は、いつでも心を広げて

さらに深く愛しなさい

一粒万倍

2001 年 4 月 14 日

一粒万倍(いちりゅうまんばい)? 何じゃそりゃって感じで、

私は初めて聞いた言葉だった。「一粒の種が万倍に実る吉日で、

全てのスタートに良い日」なんだそうな。ちょっとキテる系の本を

読んでたら、そんな事が書いてあって・・・思わずフッフッフッ。

“空庵”の新企画は、この「一粒万倍日」に立ち上げだな。乞うご期待!

微笑み

2001 年 4 月 13 日

「微笑み」

微笑を与えるには一銭のお金も要らない

しかし微笑みは多くのものを与える事ができる

微笑みはそれを受ける人を豊かにする

そして与える人も決して貧しくなる事がない

微笑を与えるのに多くの時間は要らない

しかし思い出は永遠に消える事がない

微笑みなしで生きていけるほど、富める人も強い人もいはしない

また微笑みを受けても心が豊かになれないほど

心の貧しい人もいない

微笑みは家庭に幸せ、仕事に潤いをもたらし

真の友情の印となる

微笑みは疲れた心に休息、落胆した心には励ましを与え

悲しむ人には太陽、悩む人には最良の薬となる

しかし微笑みは買う事も、もらう事も、借りる事もできない

なぜなら微笑みは人に与えて初めて価値を生ずるものだから

あなたに微笑みかける事ができないほど疲れている人がいる

そんな人にはあなたから微笑みをあげなさい

そんな人こそ一番微笑みを必要としているのだから

超爆睡

2001 年 4 月 12 日

ゆっくりお風呂に入って、いつもよりかなり早く、布団にもぐりこんだ・・・

気がついたら、朝って感じだったんだよね。もう超爆睡! 気持ち良かったナ~。

ちゃんと寝れるって、ありがたいよね。翌朝のカラダの回復力が、いつもと全然違うもん。

まぁ、私の場合、万年睡眠不足なんだよね。だから、どこでも寝れるんだ。コレは特技!

電車とかで座れて、目をつぶった途端、大抵は爆睡してるもんね。朝なのか、夜なのかも

わからなくなって・・・時間の螺旋をひとっ飛び。ココはどこ? 私は誰?状態(笑)。

ハッと目が覚めると、後は元気なんだよね。こまめな睡眠が、私の健康の秘訣なのかもしんない。

健康というよりは、丈夫っていう方が正しいかな。さ~て、今夜もぐっすり眠れますように・・・

キャーーー!

2001 年 4 月 11 日

フッフッフッ。昨日に引き続き、今度は還付金が、全額戻って来た!

ひゅーひゅーぱふぱふドンドンドンドン♪ ネバって申告して良かったーっ(泣)。

私のお金を返して~。元はといえば、私のモノなんだからさ~っ。

思わぬ春の臨時収入が入って、もうホクホク・・・とはいえ、結局支払いとかに

全部消えちゃうんだけどね。ひっくひっく。でもプラマイ0なら、まっイイっか!

Page 1 of 212
twitterページ
facebookページ
Amebaブログ