2005 年 11 月 のアーカイブ

ホーム >  未空ブログ > 2005 > 11月

2つの誠実

2005 年 11 月 30 日

「誠実」とは、「ありのまま」という意味である。自分を「ありのまま」以上に
大きく見せない、「ありのまま」以下に卑下しないという意味である。とても
わかりやすい概念だが、これがなかなか難しい。人の威光を自分の事の
ように語るのは不誠実、謝れば済む話なのに言い訳をしているのは、
もちろん不誠実。

誤魔化し笑いは不誠実、知らない素振りも不誠実。私達は「ありのまま」で
ある姿に好感を抱く。そんなに頑張って誇示しなくても、人は十分に「その
まま」で魅力的だという事の証でもある。

不正が明らかになったマンション販売業者の「不誠実」に、我が家の子供達
が「なぜ謝れないのか」と、当たり前のように会話を交わした。一番簡単な
事ができないのが、大人である、自分はどうか。

「誠実」には「もう一つ」ある。自分の価値観に対する誠実さである。価値観
とは、それぞれの価値に対する基準のようなものである。例えば「周囲の人と
認め合い、支え合って生きていきたい」と考えたなら、それは一つの価値観と
いえる。とても素直なその人の考え方であろう。人生は因果応報であるから、
自分の価値観によってアウトプットされたその人の言動は、社会をめぐって
自分自身に運をもたらしてくれる。偶然は、その人から出された影響の連鎖
として、必然に起こるものなのだ。だから、本来は皆、自分の価値観に従った
豊かな偶然に出会いながら、生きていくはずである。

人は幸せになるようにできている。そういう考えを持った人は、「人に認め
られ、人に支えられて生きていける」はずである。ところが、もしその人に
「人を踏み台にして幸せになってやろう」という気持ちが、時々出てくると
したらどうだろう。

自分の価値観を裏切る自分の気持ち、自分の価値観に不誠実な自分が
登場する事になる。もちろん、時々出るこちらの気持ちが誘導する因果
応報も、彼は引き受ける事になる。不幸は自分の中にある。

マンション業者も、過去には「幸せの支え合い」をしたいと思った事も
あったかもしれない。もしかしたら、今でもそう思っているかもしれない。
本当はどうありたいのか、自分のありたい姿に「誠実」である事が大
切である事を、今一度、自分の事として振り返って考えてみたいもの
である。

/山本 正樹(経営コンサルタント、理想経営代表)
20051130
「あの有名なマーライオンは母(右側)で、コレは息子のマー坊です」と超日本語の上手なガイドさん、自称“KONISHIKIの弟”が言っていた。巨大なマーライオン父は、海辺の方に単身赴任なんだそうな(笑)

縁(えにし)

2005 年 11 月 29 日

老舗の甘味処「船橋屋」にて、しばし2人の共通項、クラシック音楽談義となる。

「作曲家はどなたを研究されてたんですか?」「19世紀末の作曲家ですね。
マーラーからシェーンベルクまで」「うわーっ、シェーンベルク!? “月に
憑かれたピエロ”は感動しましたけど」「ああいう感じがお好きなんですか?」
「はぁ。というか、あまりに衝撃的だったんです。担任のタラコ(←別名:イカ
リング(笑))に、高校生には早いと言われましたけど」「シェーンベルクは
12音技法を確立し、それまでの音楽の常識を打ち破った人ですからね」

「そういうタイプにココロ惹かれるんですよ。シェーンベルクなら、やはり
“浄夜”ですね。浄められた夜は名曲だなぁ。音校時代、作曲家調べという
のがあって、私はバルトークが当たったんですよ」「いかがでした?」「全く
興味を持てませんでした。音楽でも絵画でも全てにおいて、今までの常識を
覆すような人に憧れるし、興味を惹かれるんです。だから、ダリが好きだし、
シュールレアリズムも衝撃的でした」「僕もダリは好きですよ」「女流シュ
ールレアリストのレメディオス・バロってご存知ですか? 数年前、伊勢丹
デパートで日本初の展覧会をやったんですけど、本当に素晴らしくて。思わ
ず画集買っちゃいましたもん。会場に水木しげるさんも来てましたよ」etc. 

彼は哲学書や宗教学、ユング心理学、カバラetc. 片っ端から読み漁った
そうな。わかるわかる(笑)。それからいつしか、心の病や薬の話になり、
様々な事を教えてくれた。まさか船橋屋であんみつ(←ちなみに、彼は
クリームあんみつ(笑))を食べながら、ここまで色んな話をするとは!?

50人以上はいたセミナーの中で、たまたま隣に座った方だが、やはりこれ
にも意味があったんだろう。これこそ出雲大社の「ご縁結び」だ。ますます
不思議な縁(えにし)の世界を体験する今日この頃・・・

Sさん、お付き合い頂きまして、どうもありがとうございました!
20051129

老舗甘味処「船橋屋」in 東京・亀戸

2005 年 11 月 28 日

亀戸天神への参拝を済ませ、早くも私は来る途中で見た老舗の甘味処に、ココロ奪わ
れていた(笑)。「あの~、私さっき見た老舗のお店で、あんみつ食べたいんですけど」
「あっ、僕も気になってました」「えっ、甘い物お好きなんですか?」「ハイ、大好きです」
「だったら良かったぁ。一緒に行きましょう」とゆーワケで連れ立って歩く。

亀戸天神のすぐ側にある「船橋屋」は、江戸は1805年(文化2年)、11代将軍徳川家斉
の頃に創業。初代勘助の出身地は、下総国(千葉県北部)の船橋。当時、ここは良質
の小麦の産地だった。勘助は亀戸の天神様が梅や藤の季節に、参拝客で賑わうのを
見て上京し、湯で練った小麦澱粉を蒸篭で蒸し、黒蜜ときな粉をかけた餅を作り上げた。

それがまたたく間に参拝客の垂涎の的となり、いつしか「くず餅」と名づけられ、江戸
名物の1つに数えられるほどの評判を取った。そして、明治初頭に出た瓦版「大江戸
風流くらべ」において、江戸甘い物屋番付に「亀戸くず餅・船橋屋」が横綱として
ランクされ、船橋屋の名声を不動のものにしたそうな。

また、船橋屋の看板文字は、吉川英治作なんだって。文豪・吉川英治は、船橋屋の
蜜をパンに塗って食べる事を好み、これがご縁で一筆挿ったとか。この文字は、吉川
英治の生涯で唯一の大文字だそう。私はくず餅ではなく、アイスコーヒー&白玉あん
みつを頼んだ。あっ、中にくず餅が入ってるじゃ~ん。フッフッフッ。超ラッキー♪
20051128

東京・亀戸天神

2005 年 11 月 27 日

PM12:00~3:00まで錦糸町の合気道場で、とあるセミナーがあり、PM5:00
にクライアントの方と待ち合わせをしていた。セミナー会場が添付された地図に、
亀戸天神とあったので、かーなーりー気になっていた。

いつも長引くセミナーなのだが、今日は定刻より早く終了。よし、せっかくだから
間の2時間を利用して、亀戸天神まで行ってみようと歩き出した。すると、横から
「セミナーはいかがでしたか?」と声をかけられた。さっきまで隣に座っていた方だ。

私がありのままの感想を述べると、「僕もそう思ってたんですよ」と言う。やはり
同じように感じていたのか。これから亀戸天神に行くと言うと、「へぇ~、イイなぁ。
せっかくだから僕も行ってみようかな。ご一緒してもよろしいですか?」「えぇ、
どうぞどうぞ」と歩き始めると、自然に仕事の話になった。

すると「えっ、ピアノやってらしたんですか? 僕、武蔵音の音楽科出身なんですよ」
「うっそー、じゃ楽理専攻?」「まぁそうですね」「ってコトは、和声得意なんですね。
超尊敬しますよぉ」「そうですか?」「私、音楽理論の和声にはさんざん苦しめられた
んです。未だにわかんないしぃぃぃ」気分はバック・トゥ・ザ・ハイスクールだった(笑)。

音楽のセミナーでもないのに、まさかこんなヒトが隣に座っていたなんて! お互い
オドロキながら、亀戸天神に無事到着した。

御祭神は天満大神(菅原道眞公)、天菩日命(菅原家の祖神)相殿に祀る。1662年
(寛文2年)道眞公の末裔、菅原大鳥居信祐公が九州の太宰府天満宮より勧請。
地形を始め、社殿や楼門、太鼓橋など境内を全て太宰府の社にならって造営した
のを起源としている。

「亀戸宰府天満宮」とも称され、信仰厚く、行楽の名勝地としても喧伝され、江戸庶民
信仰の本源として、関東天神信仰の中枢を占めている。春は梅花に藤の花、秋は
菊花、四季折々の彩りは、まさに“花の天神様”と呼ぶにピッタリとか。

さすが亀と縁があるのか、天神宮の入口右脇にはべっこうの店がある。正面の太鼓橋を
上がり、そこから眺める全景は、さすが天満宮と呼ぶにふさわしい風格を漂わせていた。

うーん、来て良かったなぁ。今は藤棚が紅葉しており、これがシーズンだったら、スゴい
人だかりだろう。まずお参りをしてから社務所に行くと、梅の形をした絵馬を見つけた。
うわーっ、カワイイじゃん。とゆーワケで、早速奉納した。

思えば、今月はMy神有月。出雲大社→スリランカ・仏歯寺→ヒンドゥー寺院→仏教
寺院“ASHOKA RAMAYA”→亀戸天神・・・ ♪ご縁は続くよ~どこまでも~(笑)
20051127

新月(12/2)

2005 年 11 月 26 日

「新月に祈ると、願いが叶う」シリーズ。一部では、かなり話題になっています。
発信元は「コンシャス・リビング」のセミナー等を運営している日本事務局。
懇切ていねいに、願い事を叶えるリストの作り方・ポイント付き! とりあえず
あなたもやってみませんか?

—————————————————————

今回の新月は12月2日(金)日本時間の0:01、射手座サイン10度で起きます。
12月1日の深夜といった方がいいでしょう。8時間以内を狙っている人は、しっ
かりお願いをしてから、眠った方がいいかもしれませんね。

今回の新月は3ハウスで新月になります。この新月はグランドクロスを抜け、
獅子座サインの土星と水瓶座サインの海王星の緊張を和らげる位置にあります。
太陽サインが獅子座や水瓶座の人は、前回の新月の頃にテンパっていた状況
が緩むかもしれませんね。

今年も後1ヶ月。射手座サインらしいスカッとしたお願い事をしてみると、
気分転換になりそうです。

★射手座サインの新月で叶いやすい願い事リスト

新月が位置するサインのパワーや性質は新月に影響します。「射手座サイン
の新月パワー」の特徴を活かして、効率良く願いを叶えましょう。

射手座サインは、情熱やひらめきを司る火のサインです。特に、火のサイン
の最後に位置する射手座は、広い世界に飛び出して、高い所から俯瞰的に
物事を見る視点を表しています。射手座サインは元々、獣性と知性を持ち
合わせたケンタウル族をシンボルとしています。時には、眠らせておいた
野生にスイッチを入れ、自然の中の偉大なパワーを吸収するのもいいかも
しれませんね。
 
以下に、射手座サインの得意分野をリストアップします。キーワードは、

「真実の追究(率直さと正直さ)」「心の安定(自然界との結びつき・
直感)」「旅行・自由・冒険」「法律問題」「高等教育」「忠実さ・
楽観主義」「解決策を見つける」「過剰を克服する」です。

1. 真実に近づくための願い事
2. 直感を含めた自然界との結び付きを促すための願い事
3. より自由になるための願い事
4. 法律とうまく付き合う願い事
5. 楽観的発想を呼び起こす願い事
6. 学び(高等教育)に関する願い事
7. (楽観主義ならではの)不注意による身を滅ぼす不注意を軽減する願い事
8. 勝手な思い込みを戒める願い事
9. 射手座が司る身体的部分の健康を促進する願い事
   腰・肝臓・坐骨神経賞・臀部・大腿部・足の付け根
   ※射手座生まれの人がこのような部位に疾患や弱点があるという意味
    ではありません。射手座サインが象徴する身体の部分という意味です。
10. 他者との深い調和を促すための願い事
11. 迷いを静めるための願い事
12. 率直な言葉を促すための願い事
13. 心の安定を得る願い事
14. 直感を信じるための願い事
15. 自由に生きるための願い事

もちろん、これ以外のテーマでも新月はちゃんと受け入れてくれます。
今、一番叶えたい願いを新月に祈るようにして下さい。繰り返しになり
ますが、新月ワークのポイントは5つです。

ポイント1:「お祈り」に近い感じのお願いをする。
ポイント2:あくまでも主体は、自分自身でお願いをする。
ポイント3:「新月のお願い」の受付は48時間有効。「8時間以内」なら効果抜群。
ポイント4:お願い事は、1回につき10コまで。
ポイント5:お願い事を書くのは新月になってから、必ず「手書き」で。

いかがでしょうか。何かインスピレーションは湧いてきましたか?
次回は、山羊座サインで起きる新月についてお話してみたいと
思います。次の新月は、年も押し迫った12月31日(土)日本時間
の12:12、山羊座サイン10度で起きます。大掃除の休憩時間に、
サクッとお祈りを済ませてみてはいかがでしょうか。
20051126

2005 年 11 月 25 日

シンガポール&スリ・ランカから無事に帰って来て、おいしい鉄火丼を堪能し、
カラダはすっかり日本になじんだが、ココロは未だスリランカにあるような気
がしてならない。こういう感じは通常、旅の思い出に浸るといった表現で括ら
れてしまうのだが、もっとココロの奥深い部分で、お釈迦様がドーンと入り込
んでいるような・・・ 例えるなら、自分が母カンガルーで、その袋の中にお
釈迦様がいるような、といっては失礼だろうか(笑)。でも、何とも言えない
不思議な感覚に囚われている。

思えばスリランカ一の聖地「仏歯寺」では、VIPしか許されない場所まで入って、
仏歯塔の前で祈りを捧げる事ができた。これは感激だった。コロンボでは夕方、
土産物屋で、「もうヒンドゥー寺院は閉まっていますので、外から見るだけに
しましょう」と言われ、超ショックだった私は、「土産物はどーでもいいので
(←と言いつつ、大量に買い込んでいた(笑))、一刻も早くここを出て、ヒン
ドゥー寺院に行きたい」とレジの前でダダをこねた。

クレジットカードで支払いを済ますも、日本円でいくらなのか不安になり、ガイ
ドさんにさりげなく聞くと、後ろから素早くチェックが入った。「君ってヒトは、
未だにわかってなかったの?」と呆れられるも、「そんなコトはどーでもイイで
すから、ヒンドゥー寺院に行きたいんですぅ」と切り返した(笑)。

すると、「君はヒンドゥー寺院と仏教寺院のどちらに行きたいの?」と聞かれた
ので、「大元は一つなんだから、全て見たいですっ!」と身を乗り出した。この
ままでは絶対にあきらめきれない。せっかくスリ・ランカまで来たのに。どうし
ても行きたい。お願いです、どうか中に入れて下さい。私を導いてほしい、と
ずっとバスの中で祈っていた。

辺りはすっかり暗くなり、やはり門は閉まっていたが、なぜか私はここで終わる
とは、とても思えなかった。目の前には、見上げるほどに素晴らしい彫刻がほど
こされ、美しい門がそびえている。ガイドさんが「記念写真だけ撮りましょう」と
一同バスを降りて、しばらくすると奇跡が起きた。時間外、まして外国人に対し
て開くはずのないヒンドゥー寺院の門が開き、中に立ち入る事を許されたのだ。

そうだったんだ・・・やはり呼んでくれたんだ。良かった。本当に良かった。
「君ってヒトは・・・」という顔をした人と目と目が合ったので、私はさりげ
なく親指を立てニッコリ微笑んだ。すると、そのお返しなのか、最後に額
に粉を塗ってくれた。私はこういう体験がしたかったんだと思う。

後に、なぜこのヒンドゥー寺院に招かれたのかがわかった。私は間違いなく呼ばれ、
祝福を受けたのだと信じている。としか思えない。その後、ガイドさんが一番好き
だという仏教寺院「ASHOKA RAMAYA」に行く。大仏や弥勒菩薩を始め、数々の
彫刻はあまりにリアルで、そのまばゆいばかりの美しさは、言葉ではとても言い
尽せない。ただひたすら感謝した。

こういう経験の一つ一つが、私とスリランカの絆を深め、まるで体内に巨大なサナ
ダムシを飼っているが如く、お釈迦様が体内をうごめいているような感覚に陥って
いるのだろう(笑)。不謹慎極まりない表現で大変恐縮だが、ココロから感謝して
いる気持ちに嘘、偽りはない。

今、私の右手首には、仏歯寺で結んで頂いた白い紐糸がブレスレット代わりに
なっている。このまま切れるまで、“絆”を大切にしていよう。
20051125

第6回「未空手書き年賀状キャンペーン2006」

2005 年 11 月 24 日

気がつけば、今年も1ヶ月半を切っている。コンビニにはXmasケーキ
の予約と同時に、「年賀状承ります」の幟がはためいて・・・ ホンっトに
1年があっちゅー間に過ぎていく。♪命~みじかし~恋せよ乙女~(笑)
そんな中、空庵の常連さんからMailを頂いた。

「未空さん、ご機嫌いかがですか? 毎年、この時期にお伺いするIで
ございます。時の流れに身を任せ、何とかこの1年も乗り切る事がで
きました。もちろん“生きてます!”。過去5枚の未空さんカードに癒さ
れたり、勇気を頂いたり、ホント感謝しております。空庵への書き込
みがなかなかできないけど、ちゃーんとBOOKマークしてますよ(^o^)
時々、覗いていますよ。もちろん、私もプチ右翼♪」

どうもありがとうございます! ご結婚されたんですね。ココロから
おめでとうございます! 私にもシアワセ分けて~(笑)。本当にう
れしいですぅ。過去5枚のカードか。うーん、空庵の歴史を感じるなぁ。

ってなワケで、今年も始まりました。交霊・・・じゃなくって、高齢・・・
いや、まだまだ若いモンには負けん、ってオイオイ(笑)。恒例「未空
手書き年賀状キャンペーン2006」受付開始でーす! この1年の感謝
をこめて、未空からココロ優しいアナタへのひょ~しょ~じょ~(笑)。

1)~3)まで書いて

1) アナタのお名前:ハンドルネームだと届かないかんね

2) アナタの郵便番号&ご住所:ニセの住所でも届かないかんね

3) たまには、寂しがり屋の未空にメッセージちょーだいね、ねっ

coo-an@risoweb.com まで送ってね。
もちろんアナタのプライバシーは、絶対に厳守します。
件名は「年賀状くれ」でO.Kさっ。
     

それじゃ、今年もひとつ張り切って、夜露死苦!
20051124
♪今日の大公開 カナダ在住の友人の子供、翔クン。今はゲームボーイにハマっている。日本食なら何でも来いで、特に納豆ともずく酢が大好き(笑)。ジブリ美術館でトトロに会えたし、ねこバスに乗れて良かったね。無邪気に遊んでる姿を見て、私もうれしくなったよ。素敵なファミリーに囲まれて、翔は世界一シアワセ者だと思う。小学生になったら、うーんと勉強して、いっぱいいっぱい遊んでね。今度、翔に会える日を楽しみにしてるよ。

ヴェーダと仏教の交わる地 シンガポール&スリ・ランカ⑤

2005 年 11 月 23 日

コロンボ発 1:45 深夜 シンガポール航空469便にてシンガポールへ

シンガポール着 7:40

シンガポール発 9:40 シンガポール航空012便にて成田空港へ

成田空港着 17:05

★シンガポール・チャンギ国際空港は、アジア最大の空港。
2時間の乗り継ぎ時間では、全てのお店は回り切れない
かもしれません。空港内の郵便局から日本のご家族、
ご友人宛てに手紙を出すと、本人の帰国後に届き、
驚かれます。シンガポール式マッサージは、特に足の
マッサージが有名で、旅の疲れを癒すのにも最適です。
20051123

ヴェーダと仏教の交わる地 スリ・ランカ④

2005 年 11 月 22 日

朝 ホテルにて朝食

午前 専用バスにてコロンボへ
途中、象の孤児院で象の水浴び風景や、小象のミルク飲みなど見学

昼 市内レストランにて昼食

午後 コロンボ市内観光とショッピング
(仏教寺院、ヒンドゥ教寺院、ゴールフェイス、フォート地区)

夜 市内レストランにて夕食

夕食後 専用バスにて空港へ

機中泊

★ホテルにて、風味豊かなスパイスを駆使したスリ・
ランカの朝食を堪能して頂いた後、首都コロンボ
に向います。途中、象の孤児院で仔象の授乳、
水浴びの様子を大迫力で見学。コロンボ着後、
市内を観光し、今一度、スリランカ料理に舌鼓
を打って頂きます。
20051122
♪出雲旅日記シリーズ 米子を出る前夜、タクシーを飛ばして、念願の皆生(かいけ)温泉「オーシャン」へ。お湯がしょっぱいんだよね。もう露天風呂は最高で、じょんのびら~(新潟弁:気持ちイイ)。短い時間ではあったが、とりあえず今回の米子の目標は果たしたな(笑)

ヴェーダと仏教の交わる地 スリ・ランカ③

2005 年 11 月 21 日

早朝 お釈迦様の歯を祀った仏歯寺見学

朝 ホテルにて朝食

午前 キャンディ市内観光とショッピング(植物園、キャンディ湖見晴台、バザール)

昼 ホテルにて昼食

午後 自由行動(アーユルヴェーダ体験)

夕刻 キャンディアンダンス(火渡りなど)見学

夜 ホテルにて夕食

ホテル「シタデル」泊

★スリ・ランカで絶対に見逃せない遺跡・仏歯寺は、
美しいキャンディの湖畔にあります。紀元前6世紀
に仏陀が入滅。これを火葬した際に採取された
仏陀の歯は、その後数奇な変遷を経て、この寺に
祀られました。仏歯のある部屋が開扉される時間
に合わせ、参拝を行います。その後、古都キャン
ディの市内観光を楽しみ、ご希望の方はスリ・
ランカに伝わるアーユルヴェーダ・マッサージ
を体験して頂きます。夕食後はキャンディアン・
ダンスを見学。きらびやかな踊りと並んで、修行
者による火渡りは圧巻です。
20051121

ヴェーダと仏教の交わる地 スリ・ランカ②

2005 年 11 月 20 日

朝、ホテルにて朝食

午前 専用バスにてシギリアへ

昼 シギリアヴィレッジホテルにて昼食

午後 シギリアロック見学
その後、スリランカの古都キャンディへ
途中、スパイスビレッジ見学

夜 ホテルにて夕食

ホテル「シタデル」泊

★太古の昔から仏教僧達の修験場であった
シギリア・ロックに、カシヤパ大王が
壮大な城を築いたのは、今から1500年
ほども昔の事です。今も謎である美女
壁画が妖しく微笑むこの壮麗な遺跡に、
まず単純に驚きましょう。その後、今も
王朝のたおやかな香りをたたえる古都
キャンディへ。途中のスパイス園には、
南アジアのスパイスが大集合しています。
料理をするのが好きな方、食べるのが
好きな方、共に必見です。
20051120

ヴェーダと仏教の交わる地 シンガポール&スリ・ランカ①

2005 年 11 月 19 日

「大いなる生命と心の旅 ヴェーダと仏教の交わる地
シンガポール、スリ・ランカ」

9:00集合 成田空港第1ターミナル 4F国際線出発ロビー

成田空港発 11:30 シンガポール航空997便にてシンガポールへ

シンガポール着 18:00 シンガポールでのリバークルーズ

シンガポール発 22:45 シンガポール航空468便にてコロンボへ

コロンボ着 00:30 深夜、着後、専用バスにてネゴンボへ

ホテル「エアポートガーデン」泊

★世界一のサービスと定評のあるシンガポール航空にて、
まずはシンガポールへ。着後、希望者はバスで市内へ
繰り出し、マーライオンのある港から、昔情緒豊かな
木造船に乗り込みます。美しいシンガポールの夜景
を海上から見ながら、日本での疲れを癒して下さい。
その後、再びシンガポール航空にてスリ・ランカへ
向かいます。
20051119

出雲旅日記⑪

2005 年 11 月 18 日

本殿でお祓いを受けようと思ったら、明日、団体客の予約が入り、
準備があるので、と断られてしまった(泣)。中はすっごーく広い
んだよね。その後、プラプラしていると、宝物館という文字がっ。
入場料150円。まぁここまで来たら、一応見ておくかと思って、
入ってみれば大正解! ぬわんと名刀「正宗」に、妖刀「村宗」が
飾ってあったのだ。本物を見たのは初めてだったので超感動した。
本殿の天井には、雲の絵が描かれており、そのレプリカが吊り
下げられていた。

http://www.izumooyashiro.or.jp/keidai/honden/index.html
(左側の「見どころ」をクリック→下の方にある「江戸時代に
 描かれた天井絵の写し」をクリック)

この八雲は1つだけ逆行しており、真ん中の大きな雲の中に描か
れた黒い部分は、午の刻(AM11:00~PM1:00)に「心入れ」と
いう秘儀を行ったんだとか。私は生まれ変わったら、雲になり
たいと思っているので、雲系にはめっぽう弱い。やっぱ空モノ
だろ、空(笑)
20051118

出雲旅日記⑩

2005 年 11 月 17 日

注連縄に向かって、なぜかみんなが小銭を投げていた。
そう、ちょうどココの半円の部分↑ね。出雲大社の巫女
さん曰く、「注連縄に小銭が突き刺さると、願いが叶う
と言われておりまして、皆さんお投げになります。でも、
注連縄が痛んでしまいますので、できればご遠慮願い
たいのですが・・・ 願いが叶うという根拠は、特に
ないんですよ」との事。そう言われても、みんなが
やってると、私もやりたくなってくる(笑)。よしっ、せっ
かく来たんだしぃ。1回目は失敗だったが、2回目で
見事成功! ひゅーひゅーぱふぱふドンドンドンドン♪
空庵の皆さん、願いが叶いまするぞぉぉぉぉぉ~。

20051117

出雲旅日記⑨

2005 年 11 月 16 日

蛇の交尾を表した巨大な注連縄(しめなわ)は総量5トン。
ホントにデカっ! 今は5年目で、後2年後にしめ替える
んだとか。七五三の子供達は、本殿の脇にある老舗の
写真館で記念撮影。私の七五三は、当時の氏神様を
無視して、明治神宮に行ったんだよね。やっぱ神社も
ブランドなのか。生まれて初めてぽっくりを履いたので、
足が痛いとダダをこね、未空父にずっとだっこされて
お参りしたらしい。あの頃から楽チン好きなんだな(笑)
20051116

出雲旅日記⑧

2005 年 11 月 15 日

境内に趣きのある古~い建物があり、ステキだなぁと思っていたら、
大黒様の館だった! 入場料50円払って、じっくり見る事にする。
全国から奉納された大黒様は、デザインも色々でバラエティに富ん
でいる。やっぱハッピ~♪って感じがして、見ているだけでどこか
うれしくなってくるんだよね。世界遺産に登録された霊山・泰山に
行った時、お神楽のグループと一緒になったんだけど、お神楽は
「神を楽しませる」と書くだけあって、ホ~ントお囃子を聴いてるだ
けでニコニコしてくるから不思議。あの時の感覚を思い出したなぁ。
これもニッポン人ならではなのか。ところで、この大黒様って、どこ
となく谷啓に似てませんか? 出雲で「ガチョーン(笑)」
20051115

出雲旅日記⑦

2005 年 11 月 14 日

とーとー着いたぞ、憧れの出雲大社!
秋晴れの空の下、正門から入ったが、
思った以上に気の高さを感じない。
手が全然ピリピリしないんだよ。

気の高さなら、箱根神社の方がスゴいな。
出雲はもっとオープンなエネルギーと
いうか、伊勢神宮が凝縮だとすると、
出雲は放出? ずっと大らかな感じで、
庶民的だね。これは意外だったなぁ。

やっぱ、来てみないとわかんないよね。
20051114

出雲旅日記⑥

2005 年 11 月 13 日

お参りをして、早速絵馬を購入する。この旅の目的は、
私と私を取り巻く全ての人々、及び日頃、空庵にアク
セスして下さる方々の「ご縁結び」だ。

出雲大社の「縁結び」は、単に男女の仲を結ぶ事だけ
でなく、人間が立派に生長するように、社会が明るく
楽しいものであるように、全てのものが幸福である
ようにと、お互いの発展のための繋がりが結ばれる
事だそうな。

私は「お互いの発展のための繋がりが結ばれる事」
という部分に深くうなづいてしまった。しみじみ・・・

そして、人や物事のご縁には順番があり、そのシナ
リオ通りに進んでいる感がある。ここまでの旅路も
そうだ。自分の人生に起こる事に、何一つムダはない。

ちなみに私が奉納した絵馬は、上から3番目の左から
3番目。おみくじは「迷う事なく大胆に進め」と出た。

うん、神様の言う通り。そうしようそうしよう(笑)!
20051113

出雲旅日記⑤

2005 年 11 月 12 日

とーとー着いたぞ、憧れの出雲大社!
秋晴れの空の下、正門から入ったが、
思った以上に気の高さを感じない。
手が全然ピリピリしないんだよ。

気の高さなら、箱根神社の方がスゴいな。
出雲はもっとオープンなエネルギーと
いうか、伊勢神宮が凝縮だとすると、
出雲は放出? ずっと大らかな感じで、
庶民的だね。これは意外だったなぁ。

やっぱ、来てみないとわかんないよね。
20051112

出雲旅日記④

2005 年 11 月 11 日

出雲市からバスで出雲大社の正門前まで行く。
ここまでかなりスムーズに来れて、超うれしい♪

それにしても、お腹が空いた。出雲大社周辺
は想像以上にお店が少なく、閑散としていて
ビックリ! だって、一大観光地じゃないの?

土産物屋の2Fで、名物「古代米天紫(あまむ
らさき)うどん」を食べる。名物という割りには、
他の所で見なかったゾ(笑)。ごくフツーなお味。
20051111

Page 1 of 212
twitterページ
facebookページ
Amebaブログ