2001 年 1 月 のアーカイブ

ホーム >  未空ブログ > 2001 > 1月

力うどん

2001 年 1 月 31 日

大好きな力うどんを食べた。お餅っておいしいよね。何にでも合う

ところがスゴい! 私はソバより、圧倒的なうどん派だが、基本的に

麺類なら何でも好き。そーいえば、最近パスタとか食べてないなぁ(泣)。

こんなに大好きな力うどんなのに、なぜか家で作って食べないんだよね。

家にいる時は、卵とじ系が多いかな。これもまた、おいしいのだけれども。

食べ物に関しては、極右の私。でも外で食べる力うどんには、せめてお餅が

2コくらい入っててほしいなぁ。・・・やっぱ、ダメですかねぇ。うーむ。

2001 年 1 月 30 日

高めのヒールを履いて、テクテク歩く時間が長いと、必ず腰をおかしく

するに違いない(泣)。これを身をもって体験した私は、超履きやすい

ショートブーツに変えてみた。足元って大切だよね。すぐに腰痛が消えた!

カラダって、何て正直なんだろうって思ったよ。ショルダーバッグをデイバッグ

に変えただけで、背中のしこりも消えてくる。どれだけムリしてたんだろうね。

ずっとカラダが悲鳴を上げてたんだ。ごめんね。気がついてたんだけど・・・

ココロもカラダも「I Love Me」でなきゃね!

輪廻

2001 年 1 月 29 日

1人の男が、時空をさかのぼる。

男は、ある時は山羊で、ある時はサボテンで、ある時は魚で、ある時はトンボだった。

「魂は、転生を繰り返す」。

いま私が食べた牛は、前世では、牛である私を食べた人間であったかもしれない。

いま牛を食べた私は、来世では、人間に食べられる牛であるかもしれない。

私の魂は、色々な命に姿を変えて、転生する。

食べ、食べられるのも、お互い様なのだ。

新潟

2001 年 1 月 28 日

弟の結婚報告を兼ねて、新潟に住む91才の祖母に会って来た。今、私が「おばーちゃん」と

呼べるたった一人の存在だ。耳が遠くなったり、記憶が点になっているものの、かなり元気で、

献身的に面倒を見ているおじ夫婦には、本当に頭が下がる。特に、お嫁さんであるおば様は、

お会いする度に、その顔が仏にすら見えてくる。人間は、たとえ出家なんてしなくても、

日々の生活から、十分修行を重ね、立派なお坊さん以上になれるものなんだと痛感した。

頭を剃っても、お坊さんにはなかなかなれないものだ。かえって形だけのものとなってしまう。

私は、おばーちゃんの面倒を一生懸命み続けている、このおばを心から尊敬している。

いつでもどこでも控えめにしているが、よく気がつき、料理上手な人でもあるのだ。

今回もまた、色々とごちそうになった。初めて食べた新潟料理に「小豆れんこん」と

いうのがある。ちょっと甘めの小豆に、サッパリとしたれんこんが和えてあり、とっても

おいしかった! 「小豆カボチャ」をちょっとしつこく感じていた私には、なかなか

Goodなお味だ。のっぺ、塩シャケ、煮物、おこわ、茶碗蒸し等々、出るは出るは心のこもった

おいしいおば様の手料理♪ とにかくみんな幸せだった。いとこの経営する小料理屋に、

昼も夜も押しかけ、これまたおいしいプロの味を堪能した。もうお腹がパンパンだ。幸せ~♪

それにしても、雪ってまぶしいね。思ったより寒く感じなかった新潟は、ひとえに温かい人達

のおもてなしのおかげだね。ありがたいって思った。おばーちゃん、いつまでも元気で長生き

してね。新潟の皆さん、大変お世話になりました。どうもありがとうございます。ごちそうさま~!

日焼け

2001 年 1 月 27 日

最近なぜか、自分の顔が黒いのに気がついた(泣)。♪冬なのに~ 冬なのに~

元々、日焼けをすると、ものの数時間で、国籍不明となるHalf Malaysianなので、

仕方がないのだが、それにしてもやたらと黒い! なぜなんだ~? 答えてくれ~(笑)。

昔、英会話学校のキャッチコピーで、「肌色は何色ですか?」という色々な人種の腕だか、

背中だかが並んでいるポスターがあった。なるほど~と感心してしまった私。

今はクレヨンに「肌色」はないらしい。別の呼び名に変わったそうだ。教育って、どんどん

変わっていくんだね。クレヨンや絵の具等、イマドキの文房具系を見たいもんだわさっ。

そうそう、私の腕も黒い。だって、地黒なんだからしょーがないじゃーん?!

年を取ると、日焼けがとれなくなるって、前に聞いた事があるよ(泣)。

おまけに、肥えてきたからなぁ。ちょっと「黒豚」モード入ってるのか・・・

「黒豚」のお肉は高いんだぞぉ・・・って、何だか空しくなってきた。ひっくひっく。

結果発表!

2001 年 1 月 26 日

さて、昨日の「心理テスト」の結果は、いかがだったでしょうか?

これは、1960年代に流行したテストです。かなり古いので、あまり当たらない

かもしれませんが、このテストによって、あなたの欲望が見えてくるそうですよ。

まず、先ほどの順番を逆に、つまり好きな順に並べ直して下さい。

ここで、5人の登場人物はそれぞれ、LOVE(愛)、MORAL(道徳)、HOME(家庭)、

BUSINESS(仕事)、SEX(性)という意味が込められていました。あなたが一番

好ましいと判断したものは、あなたの潜在的に最も興味のある欲望であるという

事ができる訳です。逆に、一番嫌いだと考えたものは、あまり興味のない対象で

あるとなる訳です。フッフッフッ。皆、結果をカキコしてねん。楽しみに待ってるわ。

心理テスト

2001 年 1 月 25 日

心理テストなんだそーな。やってみそ(笑)。

LさんとM君は、恋人同士です。ある日2人は、M君の友人のH君と旅行に

出かけました。ところが、乗っていた船が嵐で難破して、3人は海に放り

出されてしまいました。そして、LさんとH君はY島へ、M君はX島へ命から

がら、流れ着きました。Lさんは、M君がX島にいる事を知ると、彼に会いた

くて泣きながら、Y島に船が無いか探しました。H君もLさんに付き添って、

一緒に探してくれました。ある日、Y島に船を見つけた2人は、その船の持ち

主のB君に事情を話し、「船を貸してほしい」と頼みました。ところがB君は、

「貸してあげたいのはやまやまだが、私もこの船を仕事に使って生活して

いるんだ。100万円払ってもらえば、貸してあげてもいいのだが」と言う返事。

2人には、とても100万円なんて大金はありません。仕方なく2人は、再び船を

捜しに歩き出しました。すると、また船を見つける事ができました。2人はその

船の持ち主のS君に、船を貸してくれるよう頼みました。するとS君は、「船を

貸してもいいが、条件がある。一晩を共にしてほしい」とLさんの肉体を

要求しました。M君に会いたくて仕方のないLさんは、心を決めてS君の要求に

応じ、X島へと渡らせてもらいました。M君とLさんは、X島でやっと会う事が

できました。喜ぶ2人。しかし、どうやってX島に来る事ができたのかを聞くと、

M君は激怒し、「もう2度と会いたくない!」とLさんを残して去ってしまいました。

絶望して泣いていたLさんを、一緒に付いて来たH君は、優しく慰めました。

そして、全てを承知の上で、H君はLさんにプロポーズして、LさんはH君と結婚

するのでした。

さて、ここで質問。

このM君、Lさん、H君、B君、S君を、あなたの嫌いな順に並べて下さい。

このテストの結果は、明日のDiaryを見てね。それじゃね。バ~ハハイ。ケ~ロヨン(笑)

新年会

2001 年 1 月 24 日

太極拳を始めて、もう5年くらい経つが、同じ教室に通っていても、

顔と名前が一致しない人がほとんどだった。今回初めて、新年会に誘われ、

年代もバラバラの生徒数名で、近くの居酒屋へ。私はチリ産の赤ワインで

乾杯したのだが、思ったより飲みやすい。安くておいしいで評判のチリ産

ワインの噂は、本当だったんだなぁと感動しつつ、焼鳥やさつま揚げ、

コロッケ等のツマミをパクパク食べていた。名刺交換をして、ようやく

顔と名前が一致する(笑)。この居酒屋の名物は、仕上げ蕎麦。ワサビ付き。

それも、擦った残りのワサビは、そのままお持ち帰りができるのだ(笑)。

そのため、テーブルの上には、ビニールの小袋まで用意されている。

何という細やかな心遣い。こんなの初めて~! 皆さん、ごちそうさまでした。

非常謝謝。再見。

寝不足

2001 年 1 月 23 日

毎週火曜の深夜は、“空庵だより”にココロ傷めている(笑)。

お題が最初に決まっていても、文章が続かなかったり、またその

逆も然り。うーむうーむと悩みつつ、毎週悪戦苦闘しているのだ。

そして寝るのが、いつも明け方になる(泣)。何度も何度も読み直し、

一人であーだこーだチェックするが、書き直しているうちに、自分でも

ワケがわからなくなったりする。何だか最初の予定と違った内容に

なってきて、お題を変える事もしばしば。コレが手書き原稿だったら、

もう大変な騒ぎだろうなぁ。普段の手紙にも、すっかり入力に慣れて

しまった私は、手書きといえば、カードかハガキぐらい。それにしても、

もう少し早く、“空庵だより”の原稿を仕上げられるようになりたいなぁ。

やっぱ私にはムリか・・・トホホ(号泣)

そこにいる

2001 年 1 月 22 日

「そこにいる」

その昔

創造と奇跡を司る神と

慈悲と悟りを司る仏は

実際に肉体を持ち

人々と共に暮らしていた

人々ははじめ

自分ではどうしようもできない

そんな問題が起きた時にだけ

神や仏に救いを求めた

しかし時がたつにつれてだんだんと

人々は自分で解決するという事を忘れ

ちょっとしたこと何でもかんでも

神に求め仏にすがるようになってしまった

神と仏はこれではいけないと考え

ひとまずどこかへ隠れることにした

あれこれ相談した結果

人間に聞かれないよう

ひそひそ声でこう言った

「よし、うんと小さくなって

 人の心の中に隠れよう・・・」

Happy Birthday2001

2001 年 1 月 21 日

今日の夕食は、私のリクエスト、超大好きな手巻き寿司! すっかり食べ過ぎて、

私とあろう者がだよ、Birthdayケーキを食べ損ねてしまった(号泣)。ひっくひっく。

誕生日って、去年からまた無事1年、生き残れた証拠なんだよね。盛大にお祝いしなき

ゃって思うのね。だって、事故にも遭わず、病気にもならず、天災も免れ、犯罪にも巻き

込まれなかったHappyな1年! コレってイマドキ、スゴい事だと思わない? 感謝しちゃうよ。

“空庵”を立ち上げてからというもの、見知らぬ人からMailを頂く。それを読む度に、元気に

なれる私がいる。本当にありがたい。私はAM5:30に産まれたそうだ。予定日はおメデたく元旦

だったらしいが、3週間もイヤイヤを繰り返し、陣痛を免れていた。社会には出たくないんだー(笑)。

母のお腹にいた頃から、殴る蹴るの暴行グセがあったらしく、すっかり男の子と思われてたらしい。

体重は3000gを切る未熟児で、手足は枯れ枝のように細く、目だけがギョロギョロしていたそうな。

目以外は、その面影も全くなく、今日に至っている・・・が、まぁ、とりあえずは、この世に無事誕生

して良かったかな。また1年、サバイバーだ! きっとイイ年になると、すっかり思い込んでる(笑)。

だって、「全てはうまくいっている!」

CD

2001 年 1 月 20 日

とーとー私のCDラジカセが壊れてしまい、ラジオとテープは大丈夫なのだが、

肝心のCDだけが聴けない状態に陥っている。これはかなりのショックだ(号泣)。

重症だ! またそういう時に限って、超お気にのナンバーを見つけてしまった。

その名は、ゴスペラーズの「永久に」。最初に聞いた時、飛鳥が歌っているのかと

思っていた(笑)。だって、声が似てない? とにかくすっごーいイイ曲なんだよね♪

Misia&DCTの「時を越えて」だっけな? あれもちゃんと聴いてみたい。レンタル屋に

行ったって、肝心のCDが聴けない状態だったら、意味ないじゃんねぇ(号泣)。

しょーがないので、ナイよりはマシと、母の超しょぼーいCDラジカセで、かろうじて

聴いたりしてるんだけど、もう悲しいぐらい貧相な音で・・・ひっくひっくなの。

私は音楽大好き人間なので、テープは400巻以上はあると思う。正式に数えた事ない

んだけどね(笑)。CDは100枚ぐらいかな? 昔は、インデックス作りに励んでいたよぉ。

好きな時に好きなCDが聴けないって、超寂しいし、空しいし、悲しすぎるよね。

ストレスもたまるんだな、コレが。あーーーーーっ。ムンクの叫び状態だね(苦笑)

ご縁のある物は、いつか必ず戻ってくる(*^ー^)b

2001 年 1 月 19 日

朝、突然電話がかかってきた。母が出て「えぇ、そうです。あら、
そうなんですか。そう言えば、大騒ぎしてました。まぁ、よろしい
んですか? どうもありがとうございました」。一体、誰から? 

すると母が「あなた、前にスカートがナイナイって大騒ぎして
なかった(笑)? クリーニング屋さんにあるそうよ。引換券が
ないんじゃないの? だから、わからなかったのよ」と言う。

そっか、そうなんだ~。良かったーっ! 前に、母と一緒に布地
を買いに行き、私のために作ってくれた洋服がなくなってしまっ
たのだ。手元にベストはあるが、スカートがない。

とても気に入ってただけに、ショックも大きかった(号泣)。やはり、
私に縁のある物は、いつか必ず戻ってくるのだと、改めて感動し
てしまった。私はお洋服大好き人間なので、1つでもアイテムが
なくなるというのは、超スーパー悲しい。

後で、クリーニング屋さんからの「紛失物」を見て、更にビックリ! 
その他にもスカートが2点とジャケットまで(笑)。うるうるうるうる。

半年以上も、ご主人様をずっと待ち続けてくれたのね。やっぱ
私に着てほしかったんだ? もうスリスリしちゃいましたとさっ(笑)

鈴カス

2001 年 1 月 18 日

前に買って、ずっと部屋に隠し持っていた、私の大好きな鈴カスの封を

とーとー開けてしまった(笑)。ココナッツサブレも開ければ、一気に

食べちゃうし、大好きなおふ菓子系の「黒棒」も残り少ない。ひっくひっく。

今日の占いでは、「食べ過ぎない、飲み過ぎない、ダイエットせよ」と

書いてあった。でも冬だからさぁ。体力いるじゃんねぇ。私の味覚は、

巷では江戸時代とか言われてるんだけど、だって素朴なお菓子系が大好き

なんだもん。しょーがないじゃん。ジャムサンドはうまいし、小枝は永遠だし、

カールはチーズ味だし、カレーせんや鯛あられ(ちょっと甘めのヤツ)は、

無意識に手が伸びてるしぃ。チープな味と言われようと、ライスチョコや

麦チョコ、コーンパフを愛しているのさっ。歌舞伎揚げは定番ですたい。

ソフトせんべいはGoodだよ。イマドキ、サッポロポテトBBQ味や、ポテトチップス

コンソメ味を選んだってイイじゃないかーーーっ?! どーせあっしは江戸人さっ(笑)

無宗教カウンセラー VS クリスチャン・カウンセラー

2001 年 1 月 17 日

“空庵”で以前から、Mailのカウンセリングは行なっていたが、今年からは

出張カウンセリングも始めたので、ますます自分も勉強しなければならない。

「カウンセラーが、カウンセリングを受けてみるのも勉強になりますよ」

と心理療法の先生から聞いていたので、あるセミナーを通して、私が自ら

カウンセリングを受けている。「良い事をした人は、どこに行くと思いますか?」

と聞かれたので、「人間は良い事をしながら、悪い事もする複雑な多面体なので、

私の中には、天国とか地獄という概念はありません」と答えた。私の素直な気持ちだ。

次に「人間には、因縁因果の法則がありますよね?」と聞かれたので、「最近の

世田谷での一家惨殺や、3才の子供の餓死事件等を見ていると、全て当てはめては

考えられないですし、それでは救われないと思います。やはり“この世は苦である”と

いう仏教の概念が、私には一番しっくりくるような気がします」と答えると、「ちょっと

お待ち頂けますか?」と言い残して、カウンセラーが席を立った。こんな素直じゃない

生意気なクライアントは、初めてだったに違いない(笑)。相手の質問に、どういう

答えを返せばいいかは、十分わかっている。彼に恨みはないが、あえてそうしなかった。

最後は、もうカウンセリングではなく、一方的に話を聞いていた。なぜか? 相手がそれ

を望んだからだ。このセミナーのバックボーンはキリスト教と聞いたが、私は残念ながら

クリスチャンではない。無宗教のカウンセラーを、クリスチャンであろうこのカウンセラーは、

どのように導いてくれるのだろうか?

布団

2001 年 1 月 16 日

毎日寒い。とにかく寒い(泣)。昔は寒さも意外に平気だったのだが、

年を取ったのか、身にしみる(笑)。冷え性ではないので、お風呂に

入って、すぐ布団にもぐれば、たいていは何とかなる。しかし寒~い!

まして、こんな時に毛布のカバーが、ビリビリ破け出して来た。

うっ、イカん。寝返りを打つ度に、ますます大きくなっていく(泣)。

こうなったらと思い、まずは布団のカバーを新しいのに取り替え、

前に使っていたボアのシーツを引っ張り出して来た。枕カバー&パジャマ

&バスタオルに至るまで、総取っ替えだーっ! 掃除機もかけて~っと。

まるで動物の冬ごもり状態だ(笑)。ミョ~に気持ち良くって満足する。

人生の1/3は睡眠なんだし、やっぱ寝る環境は大切にしなきゃね。

できたーーーーーっ! ようやく私の巣が完成した(笑)。超うれしい♪

ついボアのシーツをなでなでしたりする。フッフッフッ。温っか温っか・・・

今夜はイイ夢が見れそうだ。♪夢でもし~ 会え~たら ステキなこ~とね~

キビし~

2001 年 1 月 15 日

人生二度なし

厳しいですよ

散った花は元の枝には帰らぬ

厳しいですよ

与えた嫌な印象は向こうさんからは消えない

厳しいですよ

「必ず」とはただの一度の例外も作らぬ、という心構えを言う

厳しいですよ

真理は現実のただ中にあり

/森 信三

いつか

2001 年 1 月 14 日

イヤイヤ試験がとーとー終わったよ! 自分で自分をホメてあげたい(号泣)。

大好きなココナッツサブレ&ミルクティーを飲みながら、とりあえず

終わらせた。ふーーーっ。それにしても今日は、泣きが入るほど寒い。

しんしんと冷え込んでいる。手がかじかんで、足はスースー(泣)。

それにしても、いつか終わる時が来るんだよね。コレって、何にでも

言えるんだけど、どんなにイヤイヤな事柄でも、いずれ終わる日が

来るんだよね。この苦しみが、一生続くワケではないんだよね。

今日、しみじみそー思ったよ。ホッ。どんなにイヤイヤでも、やらなきゃ

なんない事ってあるじゃん? でもね、どんな事でも必ず終わりが来るからね。

今、試験とか受けなきゃなんない人とか、レポートの提出期限が迫ってる人とか、

あと一息だよ! 絶対終わるんだから。その後は、必ずラクになれるんだから。

大きな自信になるんだ。何でも思い出に変わっていくよ。笑って人に話せるからね。

超寒~い私の部屋から、エールを送ろう(笑)! 「フレーフレー、み・ん・な!」

江ノ島神社

2001 年 1 月 13 日

もうかれこれ10年近く、江ノ島神社へ初詣に行っている。そして4年前、

きっかけは忘れたのだが、なぜかお祓いをしてもらい、その時の神主さんが、

めちゃくちゃカッコ良かった! 気分的にも気持ち良くって、それからはクセになり、

お正月になると、お祓いをしてもらうようになった。毎年、期待して出かけるのに、

憧れのカッコイイ神主の彼とは会えない(号泣)。ところがだよ、ぬぅわんと今年、

ふと本殿に入って、顔を上げれば、キャーーーーーッ! 彼だよ、彼! 思わずメガネを

かけてしっかり見てしまった。フッフッフッ。やっぱ、21世紀は違うよ。元旦に富士山見たし、

何てったって、愛しい彼に名前呼ばれたんだからね(笑)。ラララ~ン♪ その後、鶴岡

八幡宮でおみくじが「凶」と出たけど、そんなモノは何のその。♪最後に~愛は~勝つ~(笑)

2001 年 1 月 12 日

自宅にはシュレッダーがない。仕方がないので、大量の紙をハサミで

ガシガシ切ってたら、思いっきり左の人差し指を挟んでしまった(号泣)。

瞬間に「あっ、やったな」と思ったものの、そんなに深く切っている

とは思わず、痛みも感じなかった。ところが予想以上にキズが深く、

血が止まらない。ちょっと指を振っただけで、ゴミ袋には血しぶきが飛ぶ(笑)。

もし血が赤い色をしてなかったら、他には何色が似合うんだろう?

鮮やかな赤は、見事なまでに美しい。本当に、人間の血は真っ赤なんだなぁと、

しげしげと見つめてしまった。ティッシュで押さえても、全然止まらない。

ドクドク溢れてくる。ひゃーーーっ。一家4人が殺された世田谷のあの家は、

血しぶきが凄まじいんだろうな。犯人は無事に済むはずがないよ。

きっとあの辺りは、怨念の嵐だろう。幸せな家族のご冥福を心から祈る。

Page 1 of 212
twitterページ
facebookページ
Amebaブログ