2002 年 10 月 のアーカイブ

ホーム >  未空ブログ > 2002 > 10月

Myself

2002 年 10 月 31 日

いつもいつも急いでいたので

ほかの事は何もできなかった

何にそんなに私はいそいでいたのか

考えれば 自分の流れを

汲みとる事にばかりいそいでいたのだ

・・・その流れはいつもいつも止まらないのに・・・

その上、捨てる事ばかり多かったのに・・・

/長瀬 清子「いつもいつも野の中で」

♪今日のBirthday♪ Cちゃん、お誕生日おめでとう! カード送れなくてごめんね(泣)

正体

2002 年 10 月 30 日

太極拳からの帰り、「手相を見させて頂けませんか?」と男性に声をかけられた。「とっても良いお顔をして

らっしゃるんですよ」「そうですか。どうもありがとうございます」。手相の鑑定は、ほとんどホメ殺しだ(笑)。

「今、大きな転機を迎えてらっしゃるんですよ。ご自分でも、そうお思いになりませんか? 人生に3回しか

ないんですよ。もっとゆっくり見て差し上げたいです。お時間ありませんか?」「いやぁ、ちょっと・・・」

「ほんの15~20分ぐらい、お茶でも飲みながら」。そこへ、通りがかりの女性が「あら、先生、こんな所で。

あっ、手相を見て頂いてるんですか? こんな事めったにしないんですよ。是非、ゆっくり見てもらったら?」

「でも、そんな素晴らしい先生なら、鑑定料もお高いんですよね?」と聞く私。「いえ、お茶代でも頂ければ」

「それなら行きましょうか」と3人で、昔ながらの喫茶店に入る。まずは、姓名判断からだ。総画数は◎だが、

女性だと不安定で、波乱万丈の人生を送るそうだ。さもありなん(笑)。彼から名刺をもらうと、よ~く知って

いる会社の名前が・・・ 「あのぉ、Oさんってご存知ですか? あとは、う~んとJさんだっけなぁ」「えっ、

ご存知なんですか?」「えぇ、よ~く知ってますよ。会社は移転されましたよね。Oさんの薦めで、Fでセミナー

を受けてたんですよ」「えーっ?」「ですので、よ~く知っています。先ほど、社会運が心配っておっしゃって

ましたよね。それで、私はどんな事に気をつければイイんですか?」「う~ん、そうですね。え~と、ちょっと

待って下さい。これはじっくり調べないと・・・ もっと丁寧に鑑定すると、2~3時間かかります。お時間取れ

ますか?」「いいえ、平日は忙しいので」「土日は?」「出張カウンセリングが入ってますので」「あ~、そう

ですか。でも、きちんと見させて頂きたいんですよ」。そこで、女性が「先生は四柱推命がお得意なんですよ。

是非、お時間を取って見て頂いた方がいいですよ」。彼は中国・北京に留学して、四柱推命を勉強し、太極拳も

やっていたそうだ。「共通項が多くて、親しみがわいてきますので、本当に是非、お時間頂ければ」「いいえ!」

「そうですか・・・それでは」。ごめんね、勧誘されなくて。全部知ってるんだよね。途中で、明らかに彼らの

波動が変わって、パワー負けだった。まずは彼、占いで人を見るなら、もう少し語彙を増やして、え~とかう~ん

とかって言う時間を少なくした方がイイよ。お客が不安になるからね(笑)。そして、ノーメイクの彼女、サクラ

だったんですか? 見事な連携プレーだ。新たなパターンだな。でもさぁ、お2人さん、私がコーヒー代を払って

る間に、コソコソ帰るのはやめようよ。一応は、喫茶店の外で待ってて、「本日は貴重なお時間を頂き、どうも

ありがとうございました。コーヒーごちそうさまでした」って、一言お礼を言うのがスジでしょ。ここが謎2とも共通

する所なんだよなぁ。勧誘できないとわかるやいなや、もうオマエには用はないんだよね。その変わり身の早い

こと早いこと(笑)。まずは人として、最低限の礼儀を学んで下さい。神様は、そんなアナタ達の姿を嘆いてる・・・

♪今日の学び♪ S先生が「一発勝負って快感よ」と言っていた。その集中力を全てに生かし、ますます達人になっていく。

油風呂

2002 年 10 月 29 日

えっ? 油風呂? 灯油にでもつかるんかい(笑)。この季節、電車の中の温泉系のポスターに

目が釘づけになる。露天風呂の写真はマジックだ。そこに飛び込んできた「油風呂」。場所は

北海道・豊富温泉。「ほうふ」って読むのかなぁ? 日本最北の温泉郷らしい。大正15年、石油

の試掘を行っていた時、天然ガスと共に涌いたとか。日本でも珍しい油風呂は、長時間入っても

湯疲れせず、肌にもイイらしい。それにしても風呂好きの私が、初めて聞いた名前だゾぉぉぉ!

油が浮いててギトギトのお湯なんだろうか? だとすると、風呂上がりはベトベトするのかな?etc.

うーむうーむ、疑問はわくばかり。やっぱここまできたら、最北の「油風呂」に入って来なきゃね♪

♪今日の摩訶不思議♪ 困った事が起こったら、純粋な気持ちで「念被観音力(ねんぴかんのんりき)」

                と何度も唱えるんです。観音様はエネルギー体だから、そのエネルギーを

                自分の中に注入するつもりで。コレはものスゴいパワーになります。汗が

                出てくるくらいスゴい(三輪明宏・談) 今度、試してみよう!

ちょっとイイ話⑩

2002 年 10 月 28 日

阪神タイガースの監督、星野仙一さんの講演会で、僕はすごくハッピーな出来事に出会ったんだ。

受付の1時間前。すでに、僕の前に4人ならんでいたんだね。しばらくして、一番前にいた2人の

高校生くらいの男の子が、用事を思い出したらしい。2人は、もぞもぞしてる。すると、すぐ後ろ

のおばあちゃんが、2人にこう言ったんだ。「ちゃんと順番取っといてあげるから、行っといで」。

おばあちゃん、2人が行った後、周りの僕達に「すみませんねぇ、2人分、列を空けといてあげて

下さい」ってね、何度も、何度も頭を下げてるわけ。優しそうなイイおばあちゃんだったよ。

しばらくして、その男の子達が帰って来た。そうして、いきなり主催者のスタッフに、こう聞いた

んだ。「ここ(ロビー)で、お茶飲んでいいでしょうか?」「会場の中はダメですが、ここならいい

ですよ」。もちろん2人は、自分達が飲みたかったんじゃない。カバンの中から、缶のお茶を

1つ取り出した。「あっ、これ・・・飲んで下さい。ほんのお礼の気持ちなんです」。おばあちゃん

のために、買って来たんだね。「ここで、お茶飲んでいいでしょうか?」これは、おばあちゃん

に対する優しさだった。もし、飲んじゃいけないお茶を渡してしまったら、それをハダカのまま、

持ち歩かないといけないからね。それを気遣ったんだ。でもね、おばあちゃんは結局、その

お茶を最後まで飲まなかった。いや、うれしくて飲めなかったんだね(泣)

♪今日のいいコト♪ 中国の少数民族を訪ねた友人から、お土産をもらった。私もいつか行ってみたい。多謝!

かぜ

2002 年 10 月 27 日

「かぜのひきかた」

こころぼそい ときは

こころが とおく

うすくたなびいていて

びふうにも みだれて

きえて しまいそうになっている

こころぼそい ひとはだから

まどをしめて あたたかく していて

これはかぜを

ひいてるひととおなじだから

ひとは かるく

かぜかい?

とたずねる

それはかぜではないのだが

とにかくかぜではないのだが

こころぼそい ときの

こころぼそい ひとは

ひとにあらがう

げんきもなく

かぜです

と つぶやいてしまう

すると ごらん

さびしさと

かなしさがいっしゅんに

さようして

こころぼそい

ひとのにくたいは

すでにたかいねつをはっしている

りっぱに きちんと

かぜをひいたのである

/辻 征夫

♪きょうのおだいじに♪ いま かぜひいてるひと ゆっくりやすんでね

横尾忠則「神羅万象」in 木場・東京現代美術館

2002 年 10 月 26 日

木場の東京都現代美術館に、横尾忠則の「森羅万象」を見て来た。この展覧会は、1964年から今日

までの彼の活動の全貌を、375点の作品によって紹介する、今までで最大規模の回顧展だそうだ。

最近、展覧会は見に行っても、デパートの中や小規模なスペースであったりと、正統派の美術館

ではなかった。東京都現代美術館の存在は知っていたものの、まだ行った事がなく、近くの木場公園

も同時に散策してみたかった。雲ってはいるものの、雨は上がり、澄んだ空気と涼しい風が気持ち

イイ。秋だというのに、公園内には色々な花が咲いていた。よく再生紙に使われるケナフの花って、

こんなにキレイなの? カレープラントって、ホントにカレーの匂いがするんだよね(笑)。スパニ

ッシュセージの茎や花は、まるで紫と白で作られたビロードのようだetc. 自然って不思議だね!

横尾の作品は、ポスター等で見ているものの、作品全体を通して見た事はなかった。見に来てる

人達は若い人が多く、外人の姿も目に付く。ヘレン・ケラーと同じ6/27に生まれ、父親の弟夫婦に

できた彼は、生まれてすぐ横尾家の兄夫婦に、養子として引き取られた。両親には「橋の下で拾っ

て来た」と聞かされていたと言う。出生の記憶が彼の愛とエロスというテーマに繁栄される。とにかく

想像以上に、見応えがあって刺激的! 正直、期待していなかっただけに、改めて彼は才能豊か

な芸術家なんだと思った。靴を脱いで入る部屋があり、そこには数千枚以上の「滝」の写真が、

壁と天井を覆い尽くしていた。す、スゴい! さらにダイナミックな滝の動きを「タクナメーション」

と呼ばれる技術によって表現した作品も、多数制作展示されていた。こんなArt初めてだな(泣)。

「テクナメーション」とは、テクニックとアニメーションを合わせた造語で、2つの偏光板の重なり

具合によって、動いてるように見せる技術の事。とにかくおもしろい! 2000年9月に始められた

「Y字路―暗夜行路」をテーマとした作品群。何だか二者択一を迫られているようで、どこか不思議

な気分に陥ってくる。彼は「暗夜行路」展で、自らに課した禁欲的な枠組みを離れて、Y字路という

容器に様々なモチーフや主題を盛り込むようになったそうだ。Y字路は今や、森羅万象を取り込み、

語る事のできるメディアだ。なぜなら、Y字路のYは横尾のYであり、つまりY字路こそ横尾自身に

他ならない、とパンフレットは結んでいる。文学では、三島由紀夫や澁澤龍彦、演劇では、唐十郎

や寺山修司、俳優の高倉健etc. 多彩な人物との交流から多種多様なポスターを生み出し、今も尚

現役の画家として、変化し続ける横尾忠則。とどまるところを知らないエネルギッシュなアーティ

ストだ! 彼の「森羅万象」に目と心を奪われ、久々に芸術にドップリ浸る事ができた。Yに多謝!

♪今日のいいコト♪ 日本橋・老舗の洋食屋「たいめいけん」のタンポポオムライス(伊丹十三風)は絶品だなぁ。

長電話

2002 年 10 月 25 日

昨夜、カナダに住む友人から、超久々に電話がかかってきた。あるセミナーで彼女と知り合い、同じグル

ープになったのがきっかけで、実際に会ったのは、この時だけ(笑)。San Diegoにいた時、私から電話をし

た以来だから、声を聞いたのも10年ぶりぐらいかな? いずれにしても、不思議な付き合いだが、2人の間に

違和感は全くない。声を聞けば、もう話が弾み、Mailでは書ききれないお互いの近況報告をする。彼女には

2才になるワンパク盛りの男の子がいて、子育てに追われる毎日だ。ここまでくるのに、色々な事情があった

のは、彼女から聞いていたが、今はカワイイ一人息子が生きがいとなって、とても幸せそうに暮らしている。

カナダに住んで12~3年になる彼女だが、いざ自分の内面を語るとなると、やはり日本語だと言う。空庵に

もアクセスしてくれていて、「ステキな人達に恵まれてるよね」とホメてくれた。私もありがたいと思っている。

そうだよね。縁があって、出会った人との出会いのみを大切にしていけば良いものね。万人に愛されようと

は思っていないと言葉では言ってみても、心の中ではみんなに良く思われたいって思っている所が、私の中

にはあるみたい。だから、嫌な態度を人から取られると傷つくし・・・(人間はみんな、そうだよ)。でも、家族が

いると思うと、精神的には前より楽だよね。特に子供は、嫌でも付いてくるものね。な~んて言ってるうちが花か

もね。その内に、一緒に歩いてくれなくなる時が来るって(笑)。ワンパク息子は、母親の長電話に痺れが切れ

たのか、最後の頃は、電話に向かって「バイバイ」と手を振っていたらしい。ママを取ってごめんね。彼女は料理

が得意で、一家揃って日本食●命なんだそうな。昨夜のメニューは、白身魚の唐揚げと野菜あんかけ、グリーン

アスパラガスの胡麻和え、豆腐と若芽の味噌汁、ご飯。何ともウマそうだ。絶対カナダに行ってやるぅぅぅ~(笑)

♪今日のいいコト♪ 何年も会ってない人から、電話や手紙で元気をもらう。距離や時間なんて関係ないんだよね。

            全ての出会いに心から感謝して、この大切なご縁を繋げていこう。いつも元気を多謝です(泣)

魔術師

2002 年 10 月 24 日

「自分」という商品は、自分で売っていく。恋愛でも仕事でも。

社長が「うちの商品はちょっとねぇ」なんて自信がなさそうだったら、

誰も相手にしてくれない。「自分」という商品を良く理解し、宣伝プラン

を練り、クレームを参考にしながら、必要ならば、どんどん改善していく。

さぁ、「自分会議」を始めてみよう!

/シンディ・クロフォード

♪今日の自慢してよかですか?♪ 先日の心理の成績が送られ、総合評価は「優」

                      めちゃくちゃうれしくて、やったね(号泣)

覚醒

2002 年 10 月 23 日

超ウルトラスーパー久々に、休憩のストレッチを爆睡する事なく、太極拳のほぼ全メニューをこなした。

ここ数年、疲れ切っていて、惰性的な太極拳をやっていたような気がする。どんなに遅くなっても出席

する律義さに、同じ準師範の人から「ホントにエラいわよね」とホメられた事がある。ううん、違うんだ

よね。水曜日=太極拳みたいな図式ができあがってるだけで、参加する事に意義があるみたいな感じ。

やり続けてるがゆえに、見えなくなる事もあれば、止める事で、見えてくる事もある。S先生は「太極拳

バカになるのが怖いのよね。続ける事を目標にしないでね」と言われた。そこまでのめり込むほど、

真面目にやってないもんなぁ(笑)。「特に若い頃は、色々な事にチャレンジしてほしいのよ。ご縁が

あれば、必ずまた太極拳に戻ってくるんだから」。確かにそうだ! 自分の「剛」を知り、これは「業」

でもあると思った。同じ響きを持つ漢字には、必ず意味があり、親戚関係でもある。今日はとにかく

体調が良かった。剛の世界を知って、何かが私の中で変わったような気がする。覚醒なんだろうなぁ。

剛を味わい尽し、業をしょって、よろよろフラつきながら、自分の新たなる太極拳の境地を目指したい。

♪今日の特ダネ情報♪ 熊野古道では、旧暦の11/23(だったと思う)に山に登り、「三体月」観月会を

               行うという。今年は12/26、PM11:30~始まるらしい。写真だとホントに狐の

               尻尾が3つに分かれたような不思議な月だった。すっご~く行ってみたいなぁ♪

深切

2002 年 10 月 22 日

禅の世界では、「親切」ではなく、「深切」と言うそうだ。2度と忘れないように、しかも説明しすぎずに

教え込むのが大事なんだとか。私は心に「深く切り刻む」と解釈した。頭でどんな立派な事を言ようが、

実際のその人の言動が全てを物語る。大切なのは3次元での魂磨きとわかっていても、なかなか磨き

きれない自分がいる。仏教には、「悟後(ごご)の悟り」という言葉があり、悟った後の言動が最も大事

なんだという戒めの意味だ。アラ探し、欠点探しの得意な私は、相手の矛盾や未熟さ、言動不一致etc.

他人の事は本当によく見える。私だったら、そういう事はしないな、言わないな。心の中で無責任に叫ぶ

だけ叫んで、気がつけば一人、境地に達したかのような錯覚に陥ってるのか? 悲しみ、疑い、侮蔑、落胆、

裏切りetc. 複雑な感情は全て、私から発しているのだ。「深切」は双方の胸に同じく刻まれるのだろうか?

♪今日の学び♪ ギフトはギフトとして感謝して受け取り、市井の人間である事の難しさ。ハードルは高くなっていく。

血縁

2002 年 10 月 21 日

黒い土に根を張り どぶ水を吸って

なぜ きれいに咲けるのだろう

私は大勢の人の愛の中にいて

なぜ みにくいことばかり考えるのだろう

/星野 富弘

♪今日のいいコト♪ 朝の露天風呂は最高だぁぁぁ~。

岩室温泉

2002 年 10 月 20 日

江戸時代から300年以上も続く、歴史の古い新潟・岩室温泉。お湯は無色透明でクセがない。屋上にある露天風呂は、

雨まじりのひんやりした風が吹く。闇に浮きあがる山の影を見つめながら、じょんのびら~(新潟弁:本当に気持ちイイ)

空庵を立ち上げた時、知り合いの人から、良寛さんが住んでた庵が「空庵」だと聞かされ、これは絶対に行かんばダメ

らろ~と思い、国上寺に行ってみれば、そこには「五合庵」があった。やっぱ違ったんだよね。どの地図にも載って

なかったんだもん(泣)。空庵はいずこ? あったら是非、行ってみたいなぁ。小さい頃に行った弥彦山。ケーブル

カーに乗って、山頂まで行くと、辺りは泰山の時と同様、霧の中だった(笑)。山の神様はお出ましにならないのか?

奥の宮まで、結構階段を登って、距離があるんだよね。日頃の運動不足&体重増加が身にしみる(泣)。ようやく奥宮

に辿り着いて「足掛け数十年、ここまでお導き下さいまして、どうもありがとうございました」とお賽銭をあげて来た。

とりあえず、今回の目的でもあった、良寛さんの庵チェック&弥彦山奥宮参りは、無事制覇したな。弥彦神社は来月、

菊祭りが行われ、その準備が始まっていた。親戚のおじさんに菊名人がいたなぁ。夜の大宴会では、未空父の弟は

赤い頭巾をかぶり、羽織を着て、まるで大黒様のよう(笑)。92才のおばーちゃんと生まれて8ヶ月の孫に囲まれ、心底

うれしそうだった。素晴らしい家族に恵まれ、うらやましい限りだ。大家族というものを見せつけられ、ふと私の還暦

はどうなるんだろ?と不安になったりする(泣)。まぁ、なるようになるさ。今夜はたらふく食べて、温泉を満喫しよう!

♪今日のいいコト♪ 空気が良くて、深呼吸が気持ちイイ。弥彦神社にパワーをもらった気がする。しみじみ環境は大切だ。

義妹

2002 年 10 月 19 日

未空弟1号は結婚して2年目になる。明日、未空父の弟の還暦のお祝いのため、AM6:00に東京を出発し、

未空弟2号の車に乗って、新潟に向かう。一族が集まり、温泉宿にて大セレモニーとなるのだ。朝が早い

という事もあり、リフォーム後、初めて未空弟1号夫婦が泊まりに来た。朝から、未空母は部屋中の掃除を

して、ガラス窓を磨き、早々と夕飯の用意を始める。「ところで、部屋の片づけは終わったの?」と聞かれた

ので、「ううん。あと紙袋1つ分だけ残ってる」「ふ~ん」。この声は明らかに不満なのだ。かなり怒っている。

たとえ離れて暮らしていても、家族が来るだけならば、窓まで磨く事はない。しかし、ここにお嫁さんが

来るとなると、途端にお片づけモード全開になる。良い悪いという訳ではなく、やはりこれがお嫁さんが、

お嫁さんたる所以なんだろうな。突然、私の部屋にもチェックが入り、外に出ている荷物を片づけ、掃除をし、

窓を磨かなければならなくなった。あぁぁぁ~っ、超たりぃぃぃ~と内心かなりブスくれてた私であったが、

あっちゅー間にキレイになった自分の部屋を見て、まっイイっかと思ってしまった(笑)。部屋をキレイに

するには、他人が来るのが一番だ! 義妹は私を「お姉さん」と呼ぶ。慣れないせいか、どこかくすぐったい。

♪今日のいいコト♪ プレゼントが届いた。毎回、お楽しみ袋状態なので、別名「My元気袋」とも呼んでいる。

             遠い所から、いつもありがたいな(号泣)。心から感謝している。このご縁を大切にしよう。

IBT

2002 年 10 月 18 日

泰山やら何やらで、心理の授業を休んでしまった私には、先週末に終了テストが終わったにもかかわらず、

ビデオ補講が待っている。今回の授業は、論理療法の「IBT」と交流分析の「SGE」。どちらも自己診断

テストだ。「IBT」とは、論理療法における「イラショナル・ビリーフ・テスト」と呼ばれるもので、

不適切な感情や行動が引き起こすイラショナル・ビリーフ(合理的でない思い込み)をチェックする。

質問事項は、全部で40問。それぞれに項目内容があり、合計得点が32点以上だと、その傾向が強い

という事になる。回答には、これが正解とか誤りであるというのはなく、できるだけ短時間で答える。

① 愛情欲求
② 失敗への恐れ
③ 他者非難
④ 耐性のなさ
⑤ 憂うつ
⑥ 過度の不安
⑦ 責任回避
⑧ 生育歴の偏った見方
⑨ 現実逃避傾向
⑩ 受動的な生き方

以上の10項目で、私の場合、最もポイントが低かったのは「憂うつ」と「現実逃避傾向」で、最も高かった

のは、「過度の不安」だった。まさにでしょ(笑)。「必要以上に気にかかるのは、大抵自分勝手な憶測が

原因」という自分のイラショナル・ビリーフを知り、「真に必要な事だけを冷静に判断する」というラショナル・

ビリーフ(合理的な考え)に変えていく。わかっちゃいるんだが、今の私には難しい。だからこそ、「過度の

不安を抱えてる自分」を素直に認め、冷静にみつめていく事が必要だ。全てが合わさって、私なのだから。

♪今日の感謝♪ 私の体は悲鳴をあげている。そんな時こそ、素直に助けてもらおう。何もお返しできないけど・・・

ちょっとイイ話⑨

2002 年 10 月 17 日

アメリカのカウンセラー、ミルトン・エリクソンのロバートという息子が、まだ幼かった頃のこと。

ある日、ロバートは、家の前の歩道で遊んでいるうちに転んでしまい、口の中を大きく切ってしまった。

慌ててエリクソンが駆けつけた時には、息子は口から血を流しながら、激しく泣きじゃくっていた。

すぐにエリクソンは、こう言った。「これはすごく痛いね、ロバート。ああ、痛い。さあて、その痛い

のが消えるのは、いつだと思う?」。すると、狂ったように泣きわめいていたロバートに、ちょっと

した変化が起こった。それまで、痛さや怖さで頭がいっぱいだったのが、いつの間にか、「この痛み

が消えるのは、いつ頃なんだろう・・・」と考え始めていた。そして、ロバートは泣くのも忘れて、洗面所

で傷口を洗うために、おとなしく父親に連れられて行った。ところが、口の中の傷は、エリクソンが

思っていたよりも大きく、すぐさま洗面場が血だらけになってしまった。それを見るなりエリクソンは、

「ほら、見てごらん。とっても赤くて、きれいな血じゃないか? 健康的でイイ色だね」と声を出した。

そのおかげで、ロバートは流れ落ちる自分の血を見ても、恐怖でパニックに襲われる事もなく、赤くて

きれいな血の色に夢中になる事ができた。病院で診てもらうと、やはりロバートの傷は、縫合する必要

があった。エリクソンはロバートに、口の中の傷を縫わなければならないという事を告げたが、こんな

事を付け加えるのを忘れていなかった。「そういえば去年、お前のお兄ちゃんがケガをした時も、やっ

ぱり傷口を縫ったよね。その時は、確か6針だった。さぁ、大けがコンテストで優勝するのは、お前か

お兄ちゃんか、どっちかな? 7針以上なら、お前の勝ちだよ!」。ロバートの手術を担当した医師は、

傷口を縫ったり、消毒したりする間、彼が泣くどころか、とても静かにしている事に驚いた。そればかりか、

縫合が終わると、ロバートは目を輝かせて、医師にこう聞いた。「ねぇ、僕は何針縫ったの?」「9針だよ」

そう医師が答えると、ロバートはニッコリと微笑んだ・・・

♪今日のいいコト♪ 救世主、またもや現る。やはり私は守られてるんだと思う。どうもありがとうございます!

〇〇〇

2002 年 10 月 16 日

「未空さんは〇〇〇的な人だからね。それがなくなるとラクになるよ」。2人はそう言ったまんま、内容を教えてはくれない。

って事は、2人には見えている&わかってるワケだ。えっ? いったい何? そんな風に言われたら、気になって眠れない

じゃないかぁぁぁ~(笑)? 「〇〇〇的ですか?」「いや、必ずしも“的”は入らないな」。そっかぁ。うーむうーむ・・・

ますます悩んでくるなぁ。いっくら3文字だって、中国土産プレゼントクイズの答え:〇〇〇やミ△△じゃぁないよなぁ(笑)。

20才ぐらいの頃、夜中に特に親しくもない年上の男性と話をしていて、最後に「頭でっかちにならないようにね」と言われ、

電話を切られた事があったっけ。一番血気盛んな頃でもあり、相当、青クサかったんだと思う。でも、それが若さの特権

ってもんだ(笑)。とはいえ、あの頃から変わってないのかな。進歩してないんだろうな。成長してないんだろうな。きっと(泣)。

知識や情報は、日毎に増えていく。頭ではわかっていても、心に下りてこない。腑に落ちない。いつも頭がユサユサして

いる状態だ。結構、苦しくてね。でも、コレも全ては学びなんだよ。成長のプロセスなんだ。体感派だしね(笑)。こんな今の

私こそI Love Meが必須。最近、師匠や私の周りで話題になってる「生霊」。満たされてないっていう思いこそ、生霊の生み

の親なんだと思う。I Love Meから、I(愛)を抜いた状態だよね。まさに「Love Me」。毎日忙しいと、私もついそうなる(泣)。

心身共に余裕がない時は、特に気をつけよう。〇〇〇がわからなくても、I Love Meを続けていれば、きっと見えてくるさっ♪

♪今日の初体験♪ 素晴らしいエネルギーを持つ人達に助けられている。スッゴいパワーだ! この出会いに、心から感謝しよう(号泣)

一進一退

2002 年 10 月 15 日

迷いながら 間違いながら 歩いて行くその姿が正しいんだ

君が立つ地面は ホラ360度すべて道なんだ

バンプオブチキン♪Stage of the ground

♪今日の携帯Mail♪ 天空の彼方より降り注ぐ愛燦燦かっ(笑)

脱力

2002 年 10 月 14 日

ようやく心理のテストが終わった。やったぁぁぁ~っ! 6ヶ月間お疲れ様でした。ふぅぅぅぅぅ~。

まぁ60点取ればO.Kなので、良しとしよう。目的達成! とにかく全ては終わったんだぁぁぁ(号泣)。

先生の批評では、「実技テストでは直前まで、論理療法を勉強していたせいか、課題はクライアント

中心療法なのにも関わらず、全体的に攻めのカウンセリングが多かった」との事。そっか、攻めか。

ふと気がつけば、肩こりも和らいでいて、ココロも軽い。単純なもんだ(笑)。あい変わらず呼吸は

浅いんだけど、もう2コマ続けて授業を取って、PM11:30近くに帰宅する事もないんだ。うれしいなぁ♪

まずは、6ヶ月間がんばった自分を自分で、う~んとホメてあげようではないか?っていうのも束の間、

もう新たな課題が出て来ている。それもかなりハードルが高い。ひっくひっく。マジにツラいよぉぉぉ。

でも、現状打破するには、やるっきゃないんだもんね。あまりにツラくなってきて、ちょっと泣きたく

なってくる。何~でこんなに大変なんだろ? もっとラクして生きてる奴なんて、ゴマンといるのに・・・

な~んて考える時は、自分に余裕がなくなってる時なんだよね。わかってるわかってる。ちょっと愚痴

ってみただけ。今こそシンコクにならずに、シンケンに考えよう(笑)。思い詰めた時は、大空を眺めて

一人つぶやく。「大丈夫だよ。きっとうまくいく。自分の信じた道をまっすぐに、まっすぐに・・・」

♪今日のいいコト♪ 「信頼できる人には、今から声をかけてるの。あなたもその一人だから」と微笑んで

            くれた人の期待に添えるよう、人間力に磨きをかけよう。信じてくれてどうもありがとう!

試験

2002 年 10 月 13 日

6ヶ月通った心理のセミナーも、いよいよ終わり。明日は最終試験だ。筆記試験とクライアント

中心療法の実技テストがある。泣いても笑っても、もう終わりなんだよね。気がついたら半年

経ってたんだ。最近、何でも早いよなぁって感じるのは、年取った証拠なんだろうなぁ(笑)。

試験勉強をしようと思っても、なかなか重い腰を上げられず。あぁぁぁ~ったく、このためて

一気の性格も何とかしてほしいよ。何気に試験範囲が多くて、暗記ものだらけなんだよなぁ。

昨日は、久々に師匠に会い・・・といっても5ヶ月ぶりだった。でも、もう何年も会ってない

ような錯覚に陥ってしまった。肩こりが凄まじいというのは、易にも出ていて、悪化の傾向に

あるそうだ。ヤ、ヤバイ。ちょっと私の肩をもんだ師匠が、「こりゃひでぇや」と驚いてたなぁ。

本当は、泰山に行く前に師匠に会いに行く予定だったが、昨日会った事には、大きな意味が

あると知った。何やかんやありながらも、私は守られてるとしか思えない。本当に有り難い事だ。

試験を受ければ、一人一人点数を付けられ、それでおしまいとなる。だが、正念場はこれから

なのだ。師匠にも3日前に、転機が訪れていて、一緒に新しいスタートを切ろうと盛り上がった。

急に心強くなって、うれしかったな。「これからがまさに、俺の本領発揮よ」とリキの入る師匠。

やっぱ、この人に付いて行こう! 何とかなりそうだ(笑)。こう思わせる力こそが、師匠の師匠

たる所以なのだ。試験なんて、なんぼのモンじゃい。やるだけやればイイだけの事じゃんか?!

新しく師匠が会長となった断易の勉強会の名前は「飛龍会」。何だか勢いがあって良さげだよね。

♪今日のいいコト♪ 昼間っから玉ねぎと卵の味噌汁を作り、久々に雑炊を頂く。うーむ、余は満足じゃ(笑)

試行錯誤

2002 年 10 月 12 日

わたし元気?

楽しく仕事をしているか? 何かに流されているような気はしていないか?

元気に仕事をしていたはずなのに、いつの間にか漂流者になっている自分

に気づかないか? 目標を持っているか? それは自分で決めたものか?

自分の中から出てきたものなのか? 「仕方ないのだ」と諦めたりして

いないだろうか? もっとうまくいくはずだったイメージを、心のどこか

に押し殺していないか? 小さな常識に慣らされたまま、自分の「意志」

を失っていないか? 目標が空回りしているような事はないか? 本当は

急上昇するはずだった流れが、いつも乱気流の中にいるような、同じ場所

をクルクル回っているような、そんな閉塞感を持って仕事をしていないか?

お決まりの情報空間の中で、お決まりの判断を下して、同じ結論の繰り返し

をしていないだろうか? 小さな踊り場で、足踏みしているような事はないか?

たたずんでいないか? 成功したはずの目標地点が、まだ途中である事に

気づいたものの、これから先のベクトルが見えてこないような事はないか?

キャリアは、道なき道を歩む道程である。流され漂い、乱されてたたずむ。

そして、一寸先は闇だ。なるようにしかならない人生ならば、流されて生きて

いこうかとも思う。何よりも生活が大切である事を考えれば、人に合わせて

生きていこうとも思う。一度しかない人生に、失敗は禁物である。何も起こ

らないように、そっとフタをしておこう。いろいろあふれ出る欲求は、全て私の

わがままなのだから。何事も起こらないように。しかし、本当にそれで良い

のだろうか? 何事も起こらない人生で。そんなはずはない。世の中には、

イキイキとやっている人もいるではないか? 目を輝かせて、屈する事なく

生きている人がいる。ただ単に、前向きだというだけではなく、深い輝きと

その人らしい色合いの人生を送っている人がいるではないか? ただ単に

成功しているだけではなく、社会に意味をもたらしてくれる人生を送ってる

人がいるではないか? 一体、私は何のために仕事をしているのだろう?

あなたは、本当の自分の役割を知らなければならない。本当に心から満た

される瞬間を経験しなければならない。この仕事をやって良かったと、心底

感じる連続が訪れる事を想像してみよう。一時的に悩みがあっても、苦しみ

があっても、その向こうに約束された満足感が存在している。そんな生活を

する事を自分に約束しよう。今、どんな環境に生きていようとも、必ずうまく

いく。「あなたらしく生きる力」は、あなたにしかない。目を閉じて、自分を

見つめてみよう。閉じた目の一寸先は、光に満ち溢れている。目を開き、

社会を見てみよう。あなたを迎える笑顔は、全く色あせていない。

/山本 正樹(理想経営コンサルタント)

♪今日のいいコト♪ 今日は私の新しいBirthdayだ。師匠、いつもどうもありがとう!

Page 1 of 212
twitterページ
facebookページ
Amebaブログ